ダイヤモンド・ヒューマンリソースは、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生5377人を対象に実施した「就職先人気企業ランキング調査」の結果を発表しました。

新型コロナやウクライナ情勢の影響により見通しは不透明としながらも、同社が実施した学生アンケートでは、3月時点で内定を獲得した学生は13.5%と、前年同時期の6.3%から倍増しています。

本記事では、春(23卒就活後半戦)の理系男子ランキングを紹介します。
 

第3位:伊藤忠商事(361pt)

3位は、「伊藤忠商事」でした。

資源物資や食料品、消費関連などの非資源分野も引き続き堅調な同社は、インターンシップ機会を複数設けているほか、コロナ禍就活を経験してきた内定者によるVRを使った体験型採用イベントも話題に。オンラインでは伝わりづらい会社の雰囲気をVRで公開しました。

獲得ポイントは361pt、23卒夏(前半戦)では12位でした。
 

第2位:三井物産(429pt)

2位には、「三井物産」がランクイン。

学生時代から現在に至るまでの経験を語る理系学生向けセミナー「RIKEI Boot Camp」では、理系出身の社員が専攻別に分かれて登壇。就職希望生がキャリアをイメージしやすいコンテンツが好評を得ているようです。

獲得ポイントは429pt、前半戦では3位でした。
   

第1位:三菱商事(456pt)

1位は、「三菱商事」でした。

好調な業績や圧倒的なブランド力はもちろんのこと、カーボンニュートラル社会の実現に向けた取り組みとして年末に入札が実施された「国内洋上風力発電プロジェクト」において、3海域すべて落札するなどが話題となりました。

獲得ポイントは456pt、前半戦でも1位に輝いています。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
23卒春の理系女子就職人気企業ランキング! 3位 三井物産、2位 伊藤忠商事を抑えた1位は?
23卒春の文系女子就職人気企業ランキング! 3位 丸紅、2位 東京海上日動火災保険、1位は?
23卒春の文系男子就職人気企業ランキング! 2位 三菱商事、1位は?
【商社部門】就職ブランドランキング! 3位 三菱商事、2位 丸紅、1位は?【23卒】

【関連リンク】
プレスリリース