『ムチャブリ!』第9話をおさらい! 志尊淳vs松田翔太、恋のバトルに「最高すぎ」「キュンキュンする」の声

3月9日に放送されたドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』第9話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。

高畑充希さん演じる新米社長・高梨雛子の仕事&恋の奮闘を描くドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』。3月9日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに次週最終回の見どころをご紹介します。
 

ムチャブリ!
画像出典:日本テレビ「ムチャブリ!」公式サイト

 

第9話をおさらい!

大牙(志尊淳)に抱きしめられ告白された雛子(高畑充希)。思わず抱きしめ返したものの、自分の気持ちがまだよくわかっていません。そんな中、葛原(坪倉由幸)のクーデターにより社長退任に追い込まれ、マスコミから追われる浅海(松田翔太)を自宅でかくまうことに。一方、大牙は葛原に決別を言い渡し、雛子が提案したショッピングモールのフードコートへの出店に向かい尽力し始めます。
 

浅海と一緒にカレーを作ったり、休日に遊園地へ行ったりして同じ時間を過ごしながら、彼の本当の姿に触れる雛子。浅海退任の一員が自分の会社の業績悪化にあると知り奮闘する雛子に、浅海は「君は俺よりいい社長になれる」とエールを送ります。そんな時、出張帰りの大牙が雛子の家へ押しかけてきました。
 

浅海への嫉妬を隠さず戦闘モードの大牙と呑気な浅海の間に挟まれ、混乱する雛子。自分の気持ちを直球でぶつけてくる大牙と言い合いになってしまいますが、浅海への思いを指摘されて何も言い返せません。
 

雛子たちがフードコートへの出店を進める中、葛原が新社長に就任した「リレーション・ゲート」が早期退職者を募るニュースが。葛原はさらに、野上フーズとの業務提携を進め、雛子の会社「リレーション・フーズ」の解散を決定します。雛子から、自分が開発したIT特許を盗んだのは葛原だと聞いた野上は、動揺を見せたものの信じようとしない様子で――。
 

葛原から「リレーション・フーズ」解散を言い渡されショックを受ける雛子が帰宅すると、浅海は呑気に料理をしていました。「君といるとあたたかい気持ちになる。今までの人生は無駄だったのかな」と言う浅海。自分に社長業をムチャブリしておきながら、社長としての人生を諦めるなんて――雛子が?りつけると、浅海は静かに家を出ていってしまいました。そんな雛子に、大牙は一方的に気持ちを押しつけたと謝罪し、「俺はもう終わりにします」と背を向けるのでした。
 

ムチャブリ!
画像出典:日本テレビ「ムチャブリ!」公式サイト

 

雛子をめぐる三角関係もいよいよ佳境!

大牙、浅海への気持ちを考えているうちに、二人とも離れていってしまった第9話。雛子をめぐる三角関係がたっぷり描かれました。Twitterでは「世の中に草食な男なんていねーんだよ!」と叫んだ大牙の台詞に共感する声が上がっています。
 

また、「オンライン会議前の雛子と大牙の会話は、もはや恋人同士でしょ」「た、大牙、三角関係から退場しちゃうの…?」「浅海さん面白過ぎる。でも大牙とくっついてほしい」など、“大牙派”が続出。雛子はこのまま恋も仕事も失ってしまうのでしょうか?
 

成長した雛子が社長として下す決断、真実を知った野上の動き、浅海は復活するのか否か。色々と行方が気になる最終話は、3月16日の放送です。
 

『ムチャブリ!』最終回 3月16日放送予告




【おすすめ記事】
「最終回まで見届けたい冬ドラマ」ランキング! 2位は『妻、小学生になる。』、1位は?
『ミステリと言う勿れ』第9話 俳優陣の熱演に「演技やばい」の声が続出
『真犯人フラグ』第19話 真犯人は芳根京子で確定⁉「日野があやしい」の声も続出
『ムチャブリ!』第8話 大牙(志尊淳)から雛子(高畑充希)への熱い告白に歓声
2022年「期待できる冬ドラマ」おすすめ3選! ファン待望のマンガ実写化を菅田将暉が熱演

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」