ヤフオク! とPayPayフリマで「ゆうパケットポスト」が利用可能に! 送料は175円

ヤフオク! とPayPayフリマで、「ゆうパケットポスト」が使えるようになりました! メルカリ、ラクマでは導入されていたので、フリマアプリ大手3社全てで使えるようになりました。

ヤフオク! とPayPayフリマで「ゆうパケットポスト」がスタート


ヤフーが提供するヤフオク! とPayPayフリマで、「ゆうパケットポスト」が使えるようになりました! 「ゆうパケットポスト」は街中の郵便ポストに荷物を投函するだけで発送ができるサービスで、日本郵便が提供しています。メルカリ、ラクマではすでに導入されていたので、フリマアプリ大手3社全てで使えるようになりました。
 

「ゆうパケットポスト」では専用の梱包材が必要

「ゆうパケットポスト」で発送するには、「専用箱」や「発送用シール」が必要になります。専用箱は郵便ポストに投函できるサイズですが、重さは2kgまで。厚みの目安は約3cmなので、これ以上厚みがあると「ゆうパケットポスト」は使えません。
 

専用箱には2次元バーコードが付いていて、「ヤフオク!」アプリ、「PayPayフリマ」アプリで読み込みます。その後で「ご依頼主様保管用」のシールを剥がし、ポストに投函します。
 

発送用シール


発送用シールにも2次元バーコードが付いているので、「ヤフオク!」アプリ、「PayPayフリマ」アプリで読み込みます。荷物に貼り付けて、ポストに投函すれば完了。
 

「発送用シール」を使う場合には自分で梱包することになりますが、サイズは3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、かつ郵便ポストに投函可能なもので、重さ2kg以下であればOKです。なお、縦横が14×9cm以上と最小サイズも決められています。円筒形状の場合は、長さ14cm以上、直径3cm以上となります。
 

梱包材が買える場所

「専用箱」は、郵便局やローソンで1箱65円(税込、以下同)」で購入できます。「発送用シール」は、20枚入りは郵便局で購入でき1セット100円、10枚入りはローソンで75円で購入できます。発送用シールに関しては、今後LOHACOでも販売される予定です。
 
「mercari」と書かれた専用箱もある


ローソンでは、店舗によっては写真のように「mercari」と書かれた専用箱を買うことになります。2次元バーコードが読み取れればヤフオク! やPayPayフリマでも使えます。とはいえ、なんとなく気になる場合には、郵便局で購入するといいかもしれませんね。
 

「ゆうパケットポスト」を使ったときの送料は?

ゆうパケットポストの送料は以下の通り。

■ヤフオク! の場合
出品者が送料負担:175円
落札者が送料負担:210円
 

■PayPayフリマ
出品者が送料を負担:175円
※PayPayフリマは出品者が送料を負担する方法しかありません。ちなみにメルカリのゆうパケットポストの送料は200円、ラクマは175円です。
 

出品時に配送方法を選ぶ

「ゆうパケットポスト」で送る場合には、出品時に配送方法を設定しておきます。ヤフオク! の場合は「おてがる配送(日本郵便) ゆうパケット」、PayPayフリマの場合は「おてがる配送(日本郵便)」になります。
 

ヤフオク! やPayPayフリマで「ゆうパケットポスト」が使えることになり、コンビニや郵便局での手続きが不要になります。もちろん宛名書きもありません。さらに匿名配送が使えるので、情報を守るという意味でも問題なさそうです。サイズが合えば、「ゆうパケットポスト」を活用していきましょう。



【おすすめ記事】
メルカリの販売手数料を50%還元! お得な「メルカリメガフェス」2月28日まで開催
メルカリ「ゆうパケットポスト」の使い方! 本当にポストに投函するだけでOK?
楽天「ラクマ」が「ゆうパケットポスト」に対応! 街中の郵便ポストに投函するだけで発送完了
メルカリ、送料200円で郵便ポストから発送できる「ゆうパケットポスト発送用シール」を発売
10月から「手紙」や「はがき」の土日配達がなくなる! 郵便物を出すタイミングに注意して


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない