女優・黒木華さんは『重版出来!』や『イチケイのカラス』に見られる通り、お仕事ドラマとの相性がいい! そんな黒木さんが主演するドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』が、フジテレビ系の木10枠でスタートしました。本記事では1月6日放送の第1話を振り返ります。
 

「経理部の地獄の番犬」がネットニュース編集部に異動

ゴシップ
画像出典:フジテレビ「ゴシップ」公式サイト


大手出版社・クスノキ出版では役員選任会議が行われていました。そこに突入してきたのは、経理部に所属している主人公・瀬古凛々子(黒木華)。入社9年目で、経理部のケルベロス・地獄の番犬と呼ばれている人物です。
 

瀬古は執行役員に選任されようとしていた平泉に対し、経費の私的流用の証拠となる領収書を突きつけます。結果として執行役員には仁和正樹(安藤政信)が就任しました。あるはずの不正の証拠を見つけるよう、仁和が瀬古に指示を出していたのです。
 

瀬古の入社理由は「私が知りたいことを知るため」。その気持ちに変わりがないなら、うってつけの仕事があると告げる仁和。瀬古は「カンフルNEWS」編集部へ異動することになります。
 

月間5000万PVを目指し「ゴシップで攻める」と宣言

ゴシップ
画像出典:フジテレビ「ゴシップ」公式サイト


Webサイト「カンフルNEWS」は、PV数は足踏み状態でろくに広告も付かない、会社のお荷物部署です。メンバーは、ネットに詳しくなく部下の言いなりな編集長・山田礼二(生瀬勝久)、週刊誌の元エース記者・椛谷静司(野間口徹)、瀬古の同期・根津道春(溝端淳平)、複数の女性と交際中の下馬蹴人(野村周平)、入社1年目で漫画誌希望だった一本真琴(石井杏奈)。
 

瀬古は彼らに「月間5000万PVにする」と宣言します。その戦略は「ゴシップで攻める」。いつも持ち歩いている分厚い辞書を開き「ゴシップ」の語源を示しながら、「ゴシップはスキャンダルに限らない。人の興味を惹く噂話で打って出る。独自の取材を元に」と豪語します。いわゆるコタツ記事に慣れきっている部員たちは、「力を入れて取材したところでゴシップなんてバズらない」「まとめを見て書く記事のほうが効率がいい」と否定的です。
 

そんな中、大手ゲーム会社であるグリフィン・ラボのパワハラを告発するSNS投稿を発見し、一本が記事化することに。取材や情報の裏どりなしでは危険だ、名誉毀損(きそん)になりかねないと反対していた瀬古の懸念通り、グリフィン・ラボの社長がテレビで怒りのコメントを発表。記事は炎上し、編集部には抗議の電話が殺到します。
 

「仕事はクズじゃない。クズなのはそう思ってる人」

ゴシップ
画像出典:フジテレビ「ゴシップ」公式サイト


抗議電話を一切とらない瀬古に対し、根津が苦言を呈します。空気が読めず、仲間を必要ともせず、口を開けば「なぜ」「どうして」「わからない」ばかりの瀬古は、新人研修の時から周囲から浮く存在でした。根津はさらに、暇つぶしで消費が激しいネット記事に対し「モチベとかやりがいなんて持てるわけないだろ。こんなクズみたいな仕事」と吐き捨てます。
 

そんな根津を前に、辞書で「仕事」の意味を調べる瀬古。「仕事。する事。しなくてはならない事。特に職業や業務を指す。やりがいを持つべきもの、とは書いてない」「仕事はクズじゃない。クズなのはそう思ってる人」。
 

その夜、瀬古は行きつけの薬膳カフェに立ち寄ります。店長・黄実子(りょう)から、無理せずなるべく頑張ろうって気持ちでいればいいんじゃないかと言われると、「それはできない。約束したから」と答える瀬古。それは、「お前には俺がついてる。だからカンフルNEWSは絶対つぶすな」という仁和との約束でした。瀬古にとって仁和は一体どのような存在なのでしょうか
 

「叩きたければ叩けばいい」

ゴシップ
画像出典:フジテレビ「ゴシップ」公式サイト


このまま炎上が続けば確実に廃部になる。それでも仕方ないと部員たちが早々に諦める中、瀬古が謝罪記事を書くことに。事の経緯を説明するため、グリフィン・ラボのパワハラ疑惑に関する投稿をさかのぼると、2年前のサービス開始当時からゲームキャラクターの盗作を訴える投稿を発見します。さらに調べていくと、投稿者は編集長が雑誌『週刊カンフル』時代に取材をしたことがある、金子というNゲージ店の店主でした。
 

最初はキャラクターの盗作に対する怒り。それでもゲームの中で自分が描いたキャラクターが楽しそうに動く姿を見て、父親のような気持ちでゲームをプレイしていたところ、突然のサービス終了。盗作に次ぐ怒りが抑えきれず、どんな形でもいいから誰かに知ってもらいたかったゆえにでっちあげたのが、パワハラ告発投稿だったのです。
 

「盗作被害と誹謗中傷は別問題」と、金子を被害者であると同時に加害者でもあると糾弾する瀬古。「事実をありのままに書きます。それが私の仕事ですから」。それまでカンフルNEWSでは執筆者名は出さないのが決まりでしたが、瀬古は自身の署名記事として謝罪と真相の記事を公開します。「お前個人が叩かれてもいいんだな」と詰め寄る根津に、「叩きたければ叩けばいい」と返します。
 

編集長になった瀬古の動きと彼女の背景が今後の見どころ

訴状が取り下げられ騒動は収まったものの、社内的には責任をとって編集長が早期退職することで決着しました。そして瀬古が編集長に就任。職場環境を整えるために、自宅と化した根津の私物を処分していく瀬古と言い合いする中、根津による思わぬ床ドンで終幕した第1話。
 

編集長に就任した瀬古は、同期・根津を筆頭とした「カンフルNEWS」編集者たちとの関わりによって、どう変わっていくのか? また、瀬古のやり方が彼らをどう変えていくのか? 
 

瀬古に目をかける執行役員・仁和いわく、「お前があの部署を特別な場所にできた時には、きっとわかることがある」とのこと。瀬古の過去に何かがあり、それが今の彼女を形成している気配がする初回でした。
 

毎話ごとに違う事件の真相を明らかにしていきながら、通底するテーマとして主人公自身に関わる過去の事件の真相を追うというケースで見ると、吉高由里子さん主演のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)や、松本潤さん主演の『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)を彷彿(ほうふつ)とさせる部分もある本作。1月13日22時放送の第2話では、主人公・瀬古凛々子の背景に迫る描写は見られるのでしょうか? 今後の展開に期待です。




【おすすめ記事】
2022年「期待できる冬ドラマ」おすすめ3選! ファン待望のマンガ実写化を菅田将暉が熱演!?
『真犯人フラグ』真相編スタート! これまでのストーリーと怪しい人物を振り返ってみた
2021年「SNSで話題沸騰したオリジナル脚本ドラマ」3選! ロス続行中のあの作品は……?
男女222人に聞いた、2021年「1番面白かったテレビドラマ」3選! 「すでに沼っています!」
大阪出身30歳以上の女優、タレントパワーランキング! 3位「黒木華」、2位「沢口靖子」、1位は?