1月10日(月・祝日)は「成人の日」。伝統ある日本の一大イベントともいえる「成人式」について、All About編集部では、かつて成人の日を迎えた全国20~60代の男女102人を対象に独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2021年12月29日~2022年1月5日)。今回は、「成人式」での良かった思い出、思い返すと“イタすぎる”失敗エピソードをご紹介します。
 

初恋の人に会えた人も! 「成人式」の良かった思い出エピソード!

「小学校の友達と久々に会えた(30代男性)」「中学時代の部活の仲間たちと会えたこと(20代男性)」「久しぶりに会うと特に同じクラスでもなかったり仲良くなかった人でも関係なく楽しく話し合えたこと(20代女性)」など、やはり多かったのが久しぶりの友達との再会でした。

また、「初恋の人に会えたのも嬉しかった(20代女性)」「当時、別れた彼女と再会して、それまでの気まずいモヤモヤが解消したこと(30代男性)」「成人式はスーツで行きまして彼女と一緒に過ごせたのが嬉しくてよかったです(50代男性)」など、甘酸っぱいエピソードも。
 

「振袖でボーリング」など、成人式の日にしかできない思い出も

「振袖を着たまま、友達とボーリングに行ったことです。とても楽しかったです(50代女性)」「仲良いグループで成人式後ホテルディナーに行った(20代女性)」などは、成人式の日にしかできない思い出ですね。

「知っている同級生たちがみんな大人びて見えて、自分の成長を感じられた(40代男性)」「中学校時代にお世話になった先生とお酒を一緒に飲めて色々と語れたこと(30代男性)」「成人式の後に祖母の家に行き振袖姿を見せられたので良かったです(20代女性)」など、大人になったことを実感できたすてきなエピソードもありました。
 

「今となっては黒歴史」「妖怪人間」。成人式での失敗エピソード!

「張り切りすぎてYシャツが派手な色だったので、今となっては黒歴史(30代男性)」「成人式のスーツをオシャレにしようと頑張りすぎて少し奇抜なものになってしまった(40代男性)」など、当時は張り切りすぎて、今思い返すと恥ずかしい……という人は多いよう。

また、「プロにメイクしてもらったら顔がガラッと変わってしまい、会う人会う人名乗らないと気づいてもらえなかった(30代女性)」「極太眉で真っ赤な口紅、キツめのアイラインを引かれ妖怪人間のベラの様にされた前撮り写真…親には未だ内緒ですが顔の部分切ってフォトアルバムは捨てました(40代女性)」「田舎のおばちゃんがやっている店でかなり濃い昔風のメイクにされてしまいました(30代女性)」など、女性のメイクに関するエピソードが目立ちました。
 

楽しくて、つい……お酒の苦い思い出、酸っぱい恋の思い出

「お酒に酔って親に迎えに来てもらいました。結局は大人になれないんだと痛感したことを覚えています(20代女性)」「羽目を外しすぎて道端で寝転ぶほど酔いつぶれてしまいました(30代女性)」「お酒を飲みすぎて救急車に運ばれた(20代男性)」など、お酒の飲み過ぎには気を付けたいものです。

さらに、「別れた元カノとすれ違って気まずかった(50代男性)」「元彼に話しかけたらそっけない感じで少し後悔した(20代女性)」などのほか、「話が盛り上がりすぎて、集合写真に入りそこねた(30代女性)」「久しぶりに会った元クラスメイトの名前を間違えてしまった(40代男性)」「式では目立った失敗はなく、うちに帰って着物を脱いだら安心して寝てしまい、夜の飲み会に参加できなかった(40代女性)」など、数々の失敗エピソードが寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
2022年に「新成人」を迎える芸能人・有名人6選! 俳優・モデル、スポーツ選手まで
「お酒の勢いで旦那の同期と……」 246人に匿名で聞いた「2021年中に懺悔しておきたいこと」多かった回答3選
成人年齢が20歳から18歳に。大人たちの本音は? 「成人式の必要性」についても聞いてみた
成人式に「行った派」「行かなかった派」、その理由は? ご当地ならではの“衝撃の儀式”も
年を越しても忘れられない……! 246人に聞いた「2021年のキレた!あきれた!話」