2021年、最も多く登録者を得たYouTubeチャンネル! 2位「ジャにのちゃんねる」、1位は?

小学生がなりたい職業の1位に選ばれることの多いYouTuber。2021年もたくさんの人気YouTuberが生まれ、特にショート動画と芸能人のチャンネルに注目が集まりました。2021年、最も多く登録者を得たYouTubeチャンネルを発表します。

「kamui tracker(カムイトラッカー)」を運営するエビリーは、2021年1月1日〜12月8日の期間、日本国内でチャンネル登録者数1000人を超えるYouTubeチャンネルを対象とし、独自で集計したデータをもとに、2021年の総合YouTuberランキングを調査しました。この記事では、2021年に最も多くの登録者を獲得したYouTubeチャンネルTOP3をご紹介します。
 

第3位:「THE FIRST TAKE」


2021年、最も多く登録者を得たYouTubeチャンネルランキング第3位は、「THE FIRST TAKE」です。2019年11月にスタートした「THE FIRST TAKE」は2021年12月現在、チャンネル登録者数は555万人を超え、総視聴回数は16億回以上となっています。

「THE FIRST TAKE」は、さまざまな人気アーティストのミュージックライブが楽しめる音楽チャンネルです。コンセプトは、「一発撮りで、音楽と向き合う」。注目を集める理由は、公開されているのが一発撮りの動画であることです。ミスがあってもそのままですし、ほかではなかなか見られないパフォーマンス前後のシーンを見ることができるのも人気の一因です。これまでに出演したミュージシャンは200組近く、今後も続々公開が予定されています。
 

第2位:「ジャにのちゃんねる」


2位は「ジャにのちゃんねる」。2020年12月に活動を休止したジャニーズ事務所の「嵐」の二宮和也を筆頭に、KAT-TUNの中丸雄一、Hey! Say! JUMPの山田涼介、Sexy Zoneの菊池風磨の4人で結成した、オリジナルユニットが配信するYouTubeチャンネルです。

「ジャにのちゃんねる」は2021年4月からスタートし、活動開始から21日間でチャンネル登録者数が200万人を達成。2021年12月現在のチャンネル登録者数は291万人を超え、総視聴回数は2億8283万回以上を誇ります。

「ジャにのちゃんねる」の人気の理由はもちろん、出演メンバーによるところが大きいものの、グループの垣根を越えたジャニーズメンバーの組み合わせや、メンバー自らが編集やテロップ入れを行い、メンバー全員が楽しんでやっている手作り感が人気を集めているようです。
 

第1位:「Junya.じゅんや」


第1位にランクインしたのは「Junya.じゅんや」です。「Junya.じゅんや」は10秒前後から1分台までのショート動画をメインとしたチャンネルで、海外でも人気があります。

2020年9月にスタートした「Junya.じゅんや」の2021年12月現在のチャンネル登録者数は約1220万人、総視聴回数が64億回を超えるだけでなく、再生回数が2億回を超える動画があるなど、すさまじい勢いを感じさせます。

2020年はコロナの影響でフィットネス系のチャンネルに人気が集まりましたが、2021年はエンタメへの需要が高まったようで、最近ではあまり見られなくなった体をはった「Junya.じゅんや」の動画が言語の壁を超えて広く支持を得ました。

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
女子高校生が好きなYouTuberランキング! 同率2位は「東海オンエア」「最終兵器俺達」「すとぷり」、1位は?
男子高校生が好きなYouTuberランキング! 「はなおでんがん」「ホロライブ」を抑えた1位は?
保護者500人が選ぶ「教育系YouTuber」人気ランキング! 3位「松丸亮吾」、2位「中田敦彦」、1位は?
小学生に人気のYouTuberランキング! 3連覇中の『HikakinTV』を抑えた1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴