保護者500人が選ぶ「教育系YouTuber」人気ランキング! 3位「松丸亮吾」、2位「中田敦彦」、1位は?

小中高校生の子どもがいる保護者500名が選んだ「教育系YouTuber」人気ランキング! 「謎解き」で人気の松丸亮吾さん、中田敦彦さんを抑えて1位を獲得したのは? 保護者目線での人気「教育系YouTube」の魅力を探ります。

コロナ禍で在宅学習も増えてきている昨今、「教育系YouTube」で子どもたちの学習意欲を刺激することも選択肢のひとつとなっています。

CyberOwl(サイバー アウル)は8月26日、小中高校生の子どもがいる保護者500名を対象に実施した「教育系YouTube」に関してのアンケート調査結果を発表しました。
 

教育系YouTuber人気ランキングTOP3! 1位は「小島よしお」

教育系YouTuber人気ランキングTOP3!
小中高生の保護者500人が選んだ「教育系YouTuber」TOP3で第1位を獲得したのは、お笑い芸人・小島よしおさんの「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」でした。第2位は、中田敦彦さんの「中田敦彦のYouTube大学」。第3位は、松丸亮吾さんの「松丸亮吾【ひらめきラボ】」でした。
 

第1位: 小島よしお「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」……163票

早稲田大学教育学部卒で、一時は小学校の教師になる夢を抱いていたお笑い芸人、小島よしおさんの「小島よしおのおっぱっぴー小学校」。

保護者からは、「子どもの興味を引く工夫がなされているのと、子どもと一緒に楽しもうという雰囲気に、親として共感を覚える。子どもも、小島さんを見ると喜びます」「説明が分かりやすくてお笑い要素もあって楽しめるので、あまり教育系の動画を見たがらない子どもたちでも見やすそう」「息子にかけ算の動画を見せたら「わかりやすい!」と言っていました。教え方も上手で、親の私でも、なるほど~と思います」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:  中田敦彦「中田敦彦のYouTube大学」……134票

慶應義塾大学経済学部卒の中田敦彦さんが、週に4回動画を更新している「中田敦彦のYouTube大学」。

保護者からは、「お金や投資、生活、雑学、色々な事を掘り下げて話をしてくれるだけでなく、とても聴きやすい声質で、画像もシンプルですが、とても見やすく勉強になる」「時事問題など、動画の内容を子どもと話すこともあり、私自身の知識を深めてもらっています。人気の漫画やアニメを紹介する動画もあるので幅広い知識と教養が身に付きます」「ゲストトークが豪華。なにより、芸人ゆえに中田さんのトークが上手」などのコメントが見られました。
 

第3位:松丸亮吾  「松丸亮吾【ひらめきラボ】」……53票

「謎解き」で人気を博した松丸亮吾さんの  「松丸亮吾【ひらめきラボ】」。

保護者からは、「10分以下の動画で子どもが飽きずに見やすい時間が好印象。言葉だけでなく、画面いっぱいに図での説明をしてくれるので内容が頭に入ってきやすく分かりやすい」「テレビでも見る機会があるため、子どもも興味を持って見てくれる。息子が3年生になってから学校で理科が始まり、周りにある不思議を感じるようになったのも大きい理由」「クイズ形式のものは勉強というより遊び感覚でおこなうことができるため、子どもが嫌がらず楽しみながら利用しています」などの声が見られました。

【おすすめ記事】
子どもが将来なりたい職業「YouTuber」、就かせたくない親が知るべき意外な教育効果
YouTubeが見れないときの原因と対処法(スマホ・PC・テレビ)
「子どもがなりたい職業」にもコロナ影響!? 1位はYouTuberではなく…
YouTube再生回数カウントの仕組み&ランキング

【関連リンク】
CyberOwl(サイバー アウル)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」