令和の流行はTikTokから生まれる。TikTok Japanが語る、2022年バズる動画

2021年も残りわずか。ショートムービープラットフォーム「TikTok」では、今年もさまざまな動画が話題となりました。今回は、2021年はやった動画コンテンツと2022年バズる動画の予測を、TikTok Japanに取材しました。

2021年も残りわずか。ショートムービープラットフォーム「TikTok」では、今年もさまざまな動画が話題となりました。

今回は、2021年はやった動画コンテンツと2022年バズる動画の予測を、TikTok Japanに取材しました。
 

「レビュー」「レシピ」……2021年はやった動画


All About編集部は、まず2021年に流行した動画を取材。

――2021年バズった動画は?

TikTok Japan:今年人気の高かったジャンルとして「レビューコンテンツ」「レシピコンテンツ」が挙げられます。
 


TikTok Japan:1つ目の「レビューコンテンツ」は「#購入品紹介」(累計再生数17億超え)などのハッシュタグをつけて、商品のレビュー動画を投稿するものです。日用品、ファッション、美容系グッズ、食品などそのジャンルも幅広く、2021年はその勢いが一層強まった1年でした。

このレビューコンテンツの盛り上がりによって、実際にTikTok動画きっかけで売り上げが伸びる事例も生まれ、「TikTok売れ」という言葉が生まれるきっかけともなりました。

――なぜここまでヒットしたのでしょう?

TikTok Japan:おうち時間を快適に過ごすためのグッズや食品、マスク生活におすすめの化粧品など、アイテムの紹介動画が増えたことも要因にあると思います。

また、コメント欄の盛り上がりも特徴的で、投稿者以外のユーザーもその商品の使用感を語ったりと、以前のBBS(電子掲示板)のように会話が盛り上がります。多くのユーザーの意見を参考にできるのもTikTokのユニークなポイントです。

――2つ目の「レシピコンテンツ」とは?
 



TikTok Japan:「#TikTokレシピ」(累計再生数36億超え)、「#アレンジレシピ」(累計再生数4億7000万超え)、「#簡単レシピ」(累計再生数14億超え)、「#ダイエット飯」(累計再生数6億超え)などのハッシュタグを付けた動画です。

2021年はこのコンテンツからさまざまなアレンジレシピが生まれました。

TikTok流行語大賞2021にもノミネートされた「#ペッパーランチ」をはじめ、「ナチョステーブル」「ヨーグルトチーズケーキ」「肉巻きおにぎり」「ライスペーパートッポギ」など“家で作って楽しい”簡単アレンジレシピが受け入れられた印象です。

――思わずマネしたくなりますね。

TikTok Japan:他にも「#お菓子作り」(累計再生数11億超え)も人気で、自宅で作れる簡単かつ本格的なお菓子作り動画が非常に人気です。

有名パティシエの辻口博啓シェフもTikTokアカウントを開設し、ある動画では、1M(100万回)以上の再生数を記録しています。

――ヒットの要因は?

TikTok Japan:みんなで外食できなくても、おうちで少人数で楽しめるレシピに注目が集まったからだと思います。簡単にマネできるレシピをショート動画でサクサク見られるため、この1年でより浸透したのでは。

また、ワン・ダイレクションの「Magic」という曲に合わせテンポよく作るフォーマットがユーザーから生まれたことも、多くのユーザーが参加して投稿するきっかけになりました。
 

2022年は「#おすすめスポット」と「1分以上の長尺動画」がバズる

次に、TikTok Japanが2022年注目する動画について聞きました。

――今後バズりそうなジャンルは?

TikTok Japan:
これから少しずつ外出が増えてくると予想されますが、その中で期待しているジャンルは「#おすすめスポット」の紹介動画です。

すでに飲食店や宿泊施設、レジャー施設、観光スポットなどの紹介動画が人気で、短尺ですが、情報量が非常に多く、動画を見終わった後にかなりの満足感があります。

「TikTok売れ」同様に動画がきっかけで人が集まるお店や施設がさらに増えると良いなと思っています。

――2022年どんな動画がヒットしそう?

TikTok Japan:
TikTokでは2021年7月から最大3分まで動画を投稿できるようになり、動画制作の幅が広がりました。今後は短編ドラマのような1分以上の長尺だからこそ可能なコンテンツが増えていくのでは。

TikTokには短尺に慣れているユーザーが多いですが、ユーザーのクリエイティビティによって、1分以上でも楽しめる動画ジャンルが生まれることを期待しています。

――これからのTikTokの展望を教えてください。

TikTok Japan:TikTokはおすすめ動画が次々流れてくるため、これまで自分では気付かなかった「きみが次に好きなもの」との出会いがあるのが特徴です。TikTokを見るたびに新たな発見がある。そんな新しいエンターテインメントを提供できる場でありたいと思っています。

またTikTokでは、誰にでもスターになれる機会を提供するプログラムや支援体制をさらに構築中です。老若男女問わずたくさんのクリエイターが活躍していただければと思います。

想像以上に自分が投稿した動画への反響があるので、TikTokの楽しさが何倍にも増すはずですよ。
 

【おすすめ記事】
2021年TikTokで流行った!「TikTok流行語大賞2021」「TikTok CREATOR OF THE YEAR 2021」受賞作はもう見た?
ダンスやおもしろ動画だけじゃない!2021年大流行した ”ためになるTikTok” 「天体物理学者BossB」とは?
TikTokで社会が動く。2021年「TikTok売れ」した飲食店3選
TikTokで社会が動く。2021年の社会現象「TikTok売れ」した書籍3選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化