クリスマスに観たい映画3選! 男女170人が選ぶ「クリスマスといえば」「何度観ても飽きない」作品とは?

クリスマスが近づくと観たくなる、クリスマス気分を盛り上げてくれる映画。数ある作品の中から全国の男女170人が選んだ「クリスマスといえば」「何度観ても飽きない」と人気の「クリスマスに観たい映画」3選をご紹介します。(画像出典:Amazon)

All About編集部では、全国の男女170人を対象に「クリスマスにした/してみたいこと」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2021年12月3~20日)。調査結果から、今回は「クリスマスに観たい映画」おすすめ3選をご紹介します。
 

1:『ホーム・アローン』(1990)

(画像出典:Amazon

「この映画を観ることとクリスマスが自分の中で紐付いている(20代男性)」などのコメントも多く見られた、もはやクリスマスといえば定番の『ホーム・アローン』。

「ストーリーがおもしろく、何度見てもハラハラドキドキ楽しめる(30代女性)」「クリスマスでの出来事のドタバタに面白みを感じつつ家族の愛情を強く受け取れる作品(30代女性)」「何度見ても飽きない(20代男性)」「子供が一緒に観ると笑い声で家が明るくなるので大好きです(30代女性)」などのコメントが寄せられました。

「クリスマスといったらホームアローンシリーズが観たいな(20代女性)」と1992年公開の『ホーム・アローン2』を挙げる人も多くいました。
 

2:『クリスマス・キャロル』(1938)

(画像出典:Amazon

チャールズ・ディケンズ著書『クリスマス・キャロル』を原作とする作品は、アニメ映画も含め数多く存在します。1938年公開のこちらの作品は、モノクロ映像が美しい、原作に忠実な名作として人気を集めました。

回答者からは、「クリスマスがどういうイベントなのかを学べるため。1930年代の技術とは思えない映像美にも魅せられます(40代女性)」「しんみりする(20代男性)」「クリスマスといえば真っ先に思い浮かぶ作品(20代男性)」などのコメントが寄せられました。
 

3:『戦場のメリークリスマス』(1983)

(画像出典:Amazon

坂本龍一さん作曲の楽曲『戦場のメリークリスマス』に関するコメントが目立った、1983年公開の邦画。「坂本龍一のファンなので。音楽だけでも泣けます(50代女性)」「美しい坂本龍一さんの曲を聴きたい(30代女性)」「ピアノが好きで、戦場のメリークリスマスという曲も好きなので、実際に映画で見たいと思った(20代女性)」などの声が寄せられました。

第二次世界大戦中に迎えるクリスマス。「命をかけて戦っていてもクリスマスはみんなに幸せをくれるという感動作(40代女性)」「心があたたかくなるストーリーが好き(50代女性)」などのコメントもありました。

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケットがスタート! 「ギフト」をテーマとしたツリーも点灯
横浜ランドマークタワーのクリスマスツリーは『ちびまる子ちゃん』とコラボ! サンタ姿のまるちゃんがお出迎え
横浜・八景島シーパラダイスで「クリスマスイベント」開催! 光あふれる幻想的な空間でイルカがジャンプ
カルディのクリスマスお菓子。入れ物がかわいくて贈り物にも最適なのはこの3つ!
全48種!「シャトレーゼのクリスマスケーキ2021」 ピスタチオや本格ショコラ、気になる商品を実食レポ!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」