全国約1300店! ガスト全店で食べられる「から好し」のから揚げ、人気の秘密とは

ガストでは、2020年7月からから揚げ専門店「から好し」メニュー展開をスタート。現在では全店で提供しています。スタートの経緯や開発時のこだわりポイントを聞きました。

「から好し」の「ももから揚げ」


2021年のヒット商品といえば、何を思い浮かべますか? All About編集部では、年末企画「2021年に売れた人気商品」と題して、編集部が選んだ注目商品を紹介しています。今回は、から揚げ専門店「から好し」の「から揚げ」です。
 

全国約1300店舗のガスト全店で食べられる「から好し」の「から揚げ」

2020年の夏頃から、ガストの店舗で「から好し」の看板を見かけるようになりました。昨今のから揚げブームの流れで、「あれ、ガストの中にから揚げ屋さんができたの?」と気になったことはありませんか?
 

から好しは2017年にオープンした、すかいらーくグループのから揚げ専門店。オリジナルの特製漬けダレに漬け込んで丁寧に仕上げた“カリっとジューシー”なから揚げが特徴で、日本唐揚協会主催「からあげグランプリ」東日本醤油ダレ部門で4年連続金賞を受賞しているブランドです。
 

「から好し」のメニューを展開しているガスト


2020年7月から、ガストの一部店舗限定で販売をスタート。現在はガスト全店で「から好し」の「から揚げ」を提供しています。
 

そんな「から好し」の「から揚げ」は、どのようなキッカケで誕生し、ガストでメニュー展開することになったのでしょうか。すかいらーくホールディングスの竹島祐希さんに開発時にこだわったポイントなども含めお話を聞きました。
 

サクっとジューシーでボリュームのある「から揚げ」

――から揚げ専門店「から好し」は、どのようなキッカケで誕生したのでしょうか?

 ご自宅で揚げ物をする機会が減っている中、すかいらーくグループでは、気軽に揚げ物を楽しめる、特に人気のから揚げ専門店の出店を決めました。
 

 から揚げは、大人から子どもまで幅広い世代に人気が高い商品です。リーズナブルでありながら、サクっとジューシーでボリュームがあり、毎日食べたくなるから揚げにこだわった専門業態を展開しました。
 

――なぜ、ガストでのメニュー展開を決めたのでしょうか。

 2020年、コロナ禍でさらにテイクアウトのニーズが高まっていたことから、すかいらーくグループで出店を進め大好評だったから好しのから揚げを、全国の皆さんに手軽に身近にお届けしたいと考えました。
 

 そこで、2020年の7月からガストでから好しのメニュー展開をスタート。1年もたたずに、2021年6月にはガスト全店(約1300店)への展開を達成しました。
 

――商品開発にあたって、苦労した点やこだわったポイントはありますか?

「から好し」の単品ももから揚げ


 スパイスで下味を付けた鶏にしっかりとオリジナルの特製ダレを絡ませ、1つ1つ丁寧に皮を広げながら粉づけをしています。
 

 どこを食べてもサクっとジューシーさを感じられるよう成形し、揚げる際も皮面から揚げ、揚がった際には皮面を上にし余分な油を落とすなど、細部にこだわって開発しています。
 

――昨今のから揚げブームをどのように捉えられていますか?

 身近でさまざまな「から揚げ」を気軽に購入できるようになっていますので、食べ比べなども楽しんでいただければと思います。
 

――ありがとうございました。
 

「から好し弁当」


ガストでは、店内で食べられる定食のほか、テイクアウトで1個120円(税別)の単品メニューから、無料でご飯の大盛りができる「から好し弁当」(ももから揚げ4個)690円(税別)まで、さまざまなメニューを販売中です。気になる人は、ぜひガストに行ってみてください。



【おすすめ記事】
大ヒット商品「丸亀うどん弁当」は、ハンバーグやナポリタンもおかず候補だった⁉ 丸亀製麺に聞く誕生秘話
ファミチキ越えのヒット商品「クリスピーチキン」はカリッと食感が命!? ファミマ担当者が語る開発秘話
売れすぎヒット商品「生ジョッキ缶」はどんなキッカケで誕生したの? アサヒビール担当者を直撃!
無印良品の大ヒット商品「キンパ」は、なぜひと口大にカットしてあるの? 開発担当者を直撃!
“味変マリトッツォ”も続々発売! セブンの「マリトッツォ」はどのようにして誕生したのか
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も