カップルが選ぶ「ふたりにとっての2021年を表す漢字」、総合部門で選ばれた漢字は?

フタリノは、20〜30代のパートナーがいる男女3247人の回答をもとに、「ふたりにとっての2021年を表す漢字」についての調査を実施し、カップルが選ぶ「今年の漢字」を選出しました。新型コロナの影響が続くなか、今年印象的な漢字はどんな文字だったのでしょうか。

パートナーシップに関するメディアコミュニティ「フタリノ」は、20〜30代のパートナーがいる男女3247人の回答をもとに、「ふたりにとっての2021年を表す漢字」についての調査を実施。5つの部門(総合・交際中・新婚・パパママ・パートナーシップ)に分け「今年の漢字」をそれぞれ1文字ずつ選出しています。

「コロナ離婚」といったワードが話題になるなど、コロナ禍でのカップルの在り方を問われた1年でしたが、果たしてどんな漢字が選ばれたのでしょうか。
 

交際中部門:「進」

「交際中部門」では、「進」が選出。

回答者のコメントを見ると、「結婚に向けての小さな一歩を踏み出せた」や「仕事もプライベートも大きく進んだ年でした。来春結婚します」といった前向きな声が寄せられています。
 

新婚部門:「結」

「新婚部門」で選ばれた漢字は、「結」です。

「夫婦になって、ふたりの結束力が高まった」や「入籍、引っ越し、結婚。人や土地と縁が結ばれた一年でした」といった自身の結婚に関するコメントのほか、「私たち二人とふたつの家族が結ばれた」など、周囲の結婚についても触れ、「縁結び」が印象的な1年だったようです。
 

パパママ部門:「育」

「パパママ部門」は、「育」が選出されました。

妊娠や出産など、育児に関するコメントのほかにも、「生まれた息子に親として育ててもらった1年だった」と、自身の成長についての声もありました。
 

パートナーシップ部門:「絆」

「パートナーシップ部門」で選ばれたのは、「絆」でした。

回答者のコメントを見ると、「いいことも悪いことも共有して家族になってきた」や「付き合いは長いけど、知らなかった一面を知れて絆が深まった」など、連れ添ってきた2人を表す漢字として選ばれたようです。
 

総合部門:「新」

「総合部門」では、「新」が選出。

「結婚・自宅の購入・妊娠発覚と、新しいこと尽くしの1年でした」や「環境変化とともに考え方や二人の関係もアップデート」といった新しい変化への印象を表しているようです。

新型コロナの影響もあり、変わらざるをえなかった1年でもありましたが、どの部門でも前向きな気持ちが表れた漢字が選出されているようです。

【おすすめ記事】
小中学生が選ぶ「2021年の漢字」ランキング! 2位「恋」、1位は昨年から10ランクアップの漢字!
「働くパパママ川柳」発表! 「パパがいて ママの仕事が ふえている」など19作品が入賞
1万3515人が選ぶ「理想のパパ」ランキング! 芸能人・著名人部門3位「NON STYLE石田明」、2位「つるの剛士」、1位は?
男子高校生が選ぶ結婚したい芸能人ランキング! 3位「広瀬すず」、2位「橋本環奈」、1位は?
女子高校生が選ぶ結婚したい芸能人ランキング! 3位「菅田将暉」、2位「吉沢亮」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望