ほしのあきがショーパンコーデを披露! 44歳になっても変わらない美しさに「かわいすぎます」の声

タレントのほしのあきさんが、12月4日にSNSで最新ショットを公開。1990年代に圧倒的な発行部数を誇った若者向け女性誌『プチセブン』出身のモデルが運営する期間限定Instagramアカウント「プチモ」に登場しました。

タレントのほしのあきさんは12月4日、SNSで最新ショットを公開。ティーン雑誌『プチセブン』の期間限定Instagramアカウントに登場し、話題となっています。
 

全身コーデで44歳になっても変わらない美しさを披露


JRA騎手の三浦皇成さんとの結婚以来、主婦業に専念してタレント活動を休止中のほしのあきさん。1990年代に爆発的な人気と発行部数を誇った若者向け女性誌『プチセブン』出身のメンバーによる期間限定Instagramアカウント「プチモ」では、変わらないプロポーションと美貌を披露しました。
 

クリスマスツリーの前で、OBLIの黒ニットとショートパンツ、FENDIのブーツ、HERMESのバッグの全身ブラックコーデで登場。44歳になった現在でも変わらないプロポーションとかわいらしさに、「あきちゃんかわいー」「かわいすぎます」とコメントが来ると、「うれしい、ありがとうございます、ほしのあきより」と返答しました。

 

>次ページ:90年代の懐かしのスリーショットも



【おすすめ記事】
里田まい、田中将大と仲良しツーショット披露! 「ホントいつも笑顔の素敵なご夫婦ですよね」
保田圭、誕生日をすし屋で家族そろって祝う様子に「41歳には、見えない」
観月ありさ、45歳の誕生日を報告! ファンからは「同じ歳であることが一生の誇りです」
高岡早紀、“すっぴん”写真で49歳の誕生日を報告「平和であること。これ以上のシアワセはいらないね」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」