無印の「パンデロー」を食べてみた。シュワッとした食感が不思議でクセになる

無印良品で大きなお菓子を見つけました。「パンデロー」です。冬休みや年末年始を迎える時期になるので、家族皆で食べられそうな焼菓子。そんなことを思って早速実食してみます。

無印良品の「パンデロー」(画像は全て筆者撮影)


無印良品で大きなお菓子を見つけました。「パンデロー」です。冬休みや年末年始を迎える時期になるので、家族皆で食べられそうな焼菓子。そんなことを思って早速実食してみます。
 

パンデローって何?

しっとりとした食感が特徴

「パンデロー」はポルトガルの伝統的な焼菓子で、カステラの起源といわれています。室町時代に鉄砲と一緒にポルトガルから種子島に伝わったそうです。
 
ポルトガルの伝統的な焼菓子で、カステラの起源


確かに、見た目はカステラです。でも一般的なカステラというよりは、半熟カステラのようにも見えます。以前半熟カステラがブームになりましたが、そのときに販売されていた物と形がよく似ています。
 

サイズは大きめ

サイズは大きめ


無印良品で販売されている「パンデロー」は、大人の女性の手のひらくらいの大きさです。かなりたっぷりとした量なので、家族や知人と一緒に食べたいですね。
 

しっとりした生地

生地はしっとりしていて、ギュッと詰まっている印象


「パンデロー」の生地はかなりしっとりしています。一般的なカステラは、もう少しふんわりしていますが、「パンデロー」は「潰れている」イメージ。生地がギュッと詰まっています。
 

甘味はかなり強い

甘味は強め


早速食べてみると、「甘いな」というのが率直な感想でした。通常のカステラも甘味が強いのですが、「パンデロー」も同じくらい甘いです。そしてその後で卵の味がしてきました。
 

卵がふんだんに使われているために、口の中に後味として残ります。甘さの感じ方は人それぞれなので、筆者は「甘い」と思いましたが、一緒に食べた家族は「このくらいがちょうど良い」とのこと。ただ「しっとりしている」という感想は共通でした。
 

ヨーグルトをかけてみた

ヨーグルトをかけてみる


「パンデロー」をそのまま食べてもおいしいのですが、ヨーグルトをかけてみることにしました。プレーンのヨーグルトだったので「パンデロー」の甘みとうまく調和された印象がありました。もし甘みが強いなと感じたならば、甘みがないプレーンヨーグルトを活用するのもおすすめです。
 

無印良品で販売されている「パンデロー」は1個490円(税込)です。無印良品のホームページを見ると賞味期限が製造日から45日と記載されています。若干長めなので、年末年始に向けて買っておくのも良いかもしれませんね。店舗によっては在庫がない可能性もありますが、気になる方は探してみてください。


【おすすめ記事】
無印良品「糖質10g以下のお菓子シリーズ」人気ランキング
「本当に低糖質!?」無印良品の「糖質10g以下のお菓子」がおいしすぎる。おすすめ6選
食べ出したら止まらない! 無印良品の素朴な味がクセになるお菓子3選
無印良品「不揃いスコーン」の美味しさはもっと知られるべき…! 「不揃いバウム」に負けない新作はコレ
無印良品の「炊き込みごはんの素」は簡単でおいしい! おすすめ商品3選


【関連リンク】
無印良品「パンデロー」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化