会社への愛着、過半数が入社当時よりも「現在」のほうが好きと回答

「現在」と「入社当時」の会社への愛着を比較

会社への愛着について、入社当時よりも「現在」のほうが好きと回答した人が最多(53.6%)でした。次いで「変わらない(25.2%)」「入社当時(21.2%)」と続きました。

「現在」のほうが好きな人からは「自分のできる範囲が広がり、より仕事の面白さを感じられているから(20代男性)」「働き方改革により仕事と私生活が両立できている(40代男性)」などの声が寄せられました。仕事や環境に「慣れてきた」というコメントも。働きやすさが、会社への愛着につながっている様子がうかがえます。

「入社当時」のほうが好きな人からは「新人から中堅になり、求められることが多くなり、周りの目が厳しくなった。入社当時の方が居心地はよかった(20代女性)」「途中で合併もあり少しずつ社風が変わった(50代男性)」などのコメントが見られました。現在は「給料・ボーナスが下がった」という声も。入社当時はモチベーションが高かったという声も見受けられました。

【おすすめ記事】
4000人調査「仕事を辞めたいと思ったことアリ」8割以上。Z世代のみ「給与」が理由1位、その他世代は?
「仕事を辞めたいけど言えない理由」ランキング! 3位「家族の存在」、2位「職場の人手不足」、1位は?
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは? 
塩野義製薬も導入、“週休3日制”に託された未来。いまだ労働時間にこだわる日本企業に未来はあるか


【関連リンク】
プレスリリース
ビズヒッツ