小田急、子どもIC運賃を「一律50円」に 2022年春から

小田急電鉄は、2022年春から6~12歳の子ども運賃を「一律50円」にします。小ども用ICカード利用時のみ適応となり、通学定期やフリーパスなどの企画券についても、一部を除き料金改定を予定しているとのこと。

小田急電鉄は11月8日、2022年春から6~12歳の子ども運賃を「一律50円」にすると発表しました。小ども用ICカード利用時のみ適応となり、小田原線、江ノ島線、多摩線の全線で実施します。
 
小田急線
 

11月と12月には「小田急 こども100円乗り放題デー」を実施

小ども運賃を持続的に大人運賃の半額以下へ低廉化する施策は、全国の鉄道事業者で初の試み。子どもの通学定期やフリーパスなどの企画券についても、一部を除き料金改定を予定しているとのことです。
 

同社では、小田急沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定。今回の運賃変更は、その具現化に向けたものです。少子高齢化という社会課題に鉄道会社ならではのアプローチで取り組むほか、本ポリシーに共感する企業や自治体との連携を深め「子育てしやすい沿線」を目指すとしています。
 

「小田急 こども100円乗り放題デー」


また、5月に試行した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」の常設化や、駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入も検討。11月27~28日と12月4~5日には、通常1000円の1日フリー乗車券が小学生は100円となる「小田急 こども100円乗り放題デー」を実施します。


【おすすめ記事】
JR東日本の「駅別乗車人員」ランキングに大異変! 上位だけでなく、23区内の「新駅」も…
これは便利! 小田急線の自動改札機から遅延証明書が受け取れる
JR東日本、民営化後「初の最終赤字」の衝撃――定時株主総会で語られたこととは
JR東日本の中で「車両」が好きな鉄道路線ランキング! 3位「北陸新幹線」、2位「東北新幹線」、1位は?
小田急線、複々線化工事完了でダイヤ改正へ!どれくらい便利になる?


【関連リンク】
プレスリリース(小田急電鉄の子育て応援ポリシーについて)
プレスリリース(「小田急 こども100円乗り放題デー」について)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」