キャンドゥに「アクビちゃん(Akubigirl)」グッズが登場! 高校生も使うおすすめ商品4選

100円ショップのキャンドゥと「Akubigirl」がコラボしています。「Akubigirl」は、アニメ「ハクション大魔王」に登場する大魔王の1人娘「アクビちゃん」をモチーフにしています。コラボ商品の中から、おすすめのグッズを4つ紹介していきます。

キャンドゥと「Akubigirl」のコラボアイテム(画像は全て筆者撮影)


100円ショップのキャンドゥと「Akubigirl」がコラボしています。Akubigirlは、1969~1970年に放送のアニメ『ハクション大魔王』に登場する大魔王の1人娘「アクビちゃん」をモチーフにしています。
 

アクビちゃんは、おませで賢く、笑い上戸、そしてちょっぴりいたずら好きなキュートな女の子。今回のキャンドゥとのコラボグッズにも、いろいろな表情のアクビちゃんが描かれています。その中から、筆者の高校生の娘も愛用しているかわいらしいグッズを4つ紹介していきます。
 

1. Akubigirl スウェットポーチ

「Akubigirl スウェットポーチ」

アクビちゃんのイラストが入っている、ちょっと小ぶりなポーチです。スウェット生地でカジュアルな印象。
 
iPhone 7とサイズを比較

高さ約14cm(138.3mm)のiPhone 7とサイズを比較してみました。化粧ポーチとしては少し小さいので、スマホの充電器などを入れるのにおすすめです。
 
ポケットはなし


内側にポケットはありません。価格は110円(税込、以下同)です。
 

2. Akubigirl ボールペン

「Akubigirl ボールペン」

ノック式のボールペンです。
 
ちょっぴりいたずら顔のアクビちゃん

ちょっといたずら顔のアクビちゃんがかわいらしいですよね。インクの色は黒。
 
上が「Akubigirl ボールペン」、下が0.5mmのペン


写真は、0.5mmのペンと太さを比較しています。上が「Akubigirl ボールペン」、下が0.5mmのペンです。太さはほぼ同じなので、「Akubigirl ボールペン」の太さも0.5mm程度と思われます。書き心地は決して悪くありません。インクが途中で出なくなることもなく、スラスラ書けます。価格は110円です。
 

3. Akubigirl ジップバッグ 5P

「Akubigirl ジップバッグ5p」

アクビちゃんが全面に描かれたジップバッグです。
 
裏にはイラストはなし

イラストは片面です。
 
サイズは、(約)縦13cm、横10cm


サイズは、縦が約13cm、横が約10cm。このジップバッグ、高校生の娘は学校で参考書代を集金する際に現金を入れる袋として使っています。しっかり密封ができるので、中身が出てしまうこともありません。5枚入りで110円です。
 

4. Akubigirl アクセサリーケース

「Akubigirl アクセサリーケース」

リングやピアスなどのアクセサリーを入れるケースです。
 
手のひらに乗るサイズ

手のひらに乗るくらいのサイズなので、多くのアクセサリーを入れると、ふたが閉らなくなりそう。
 
ボタン(でっぱり)を押して開ける

ボタンを押すと、ふたがパカっと開きます。
 
リングも余裕で入る

中は2つに分かれています。通常サイズのリングであれば、問題なく入ります。
 
レトロな雰囲気もかわいい


価格は330円ですが、中には鏡が付いていて、使い勝手が良さそう。ちょっとレトロ風なイラストもすてきです。
 

キャンドゥでは、他にもAkubigirlのアイテムを販売中です。店舗よっては取り扱いがなかったり、品切れになっていたりすることもあるかもしれません。また商品によって価格が違うので、確認しておきましょう。昔懐かしいアクビちゃんのアイテム、ぜひゲットしてみてください。



【おすすめ記事】
2021年もバカ売れの予感!? ダイソーのうさぎ型「ミニ加湿器」はかわいいだけじゃない!
ダイソーで「焼き干し芋」を発見! 「平切りタイプ」「スティックタイプ」を食べ比べてみたら……
ダイソーの「炊飯マグ」で炊き込みご飯に挑戦! レンチンで叶う「激うまご飯生活」
話題の100均「パスワード管理ノート」ってアリ? セキュリティの専門家に聞いてみた!
ダイソーやセリアなど人気の100円ショップ。使い分けのポイントは?


【関連リンク】
キャンドゥ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない