『ドラゴンボール』好きなキャラクターランキング! 2位「ベジータ」を抑えた圧倒的1位は?

2022年に新作劇場版『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が公開される『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』。All About独自アンケート調査による、『ドラゴンボール』好きなキャラクターランキングを発表します! (画像出典:Amazon)

鳥山明の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』は、1984年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、コミックスは全42巻。現在も鳥山明原作の『ドラゴンボール超(スーパー)』は連載中で、2022年には新作劇場版『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』も公開予定の超ロングヒット漫画です。

All About編集部は、10~60代の男女141人を対象に『ドラゴンボール』に関する独自調査を実施。今回は、『ドラゴンボール』好きなキャラクターランキングを発表します!
 

第3位:ピッコロ(18票)

(画像出典:Amazon

3位は、女性人気の高さが目立った「ピッコロ」でした。当初は主人公・孫悟空のライバルでしたが、ともに闘うようになり、のちに孫悟飯の師匠となっていく姿に惹かれた女性が多いようです。

回答者からは、「誰よりも正義感が強く、常識人で、子どもが好きなところが素晴らしいと思います。結婚するなら絶対ピッコロだと思います(28歳女性)」「悟飯にトレーニングしている様子を見て、面倒見の良さと心優しいところが好きになった(29歳女性)」「悟飯と修行していた時のやり取りを見ていて、優しいなぁと昔から好きだったんですが、自分が親になって更に魅力を感じるようになりました(32歳女性)」などのコメントが寄せられました。

また、「物静かだけど熱い人というイメージ(41歳女性)」「仲間のために自分を犠牲にするシーンが多く、いいナメック星人だから(43歳女性)」などの声も見られました。
 

第2位:ベジータ(23票)

(画像出典:Amazon

ベジータは、並外れた戦闘力を持つ惑星ベジータの王子。誇り高く、悟空にライバル心を燃やして修行に励むストイックな面と、ブルマの旦那でトランクスの父親というプライベートな面との二面性も人気を集める理由のようです。

回答者からは、「プライドがありかっこいい(18歳男性)」「純粋に強さを追い求めたストイックさ(40歳男性)」「出生から成るプライドの高さや、フリーザとの遺恨、かませ犬としての役割など、とても良いキャラクターだと思います(25歳男性)」「悟空に対する強いライバル意識を持っているものの、主人公以上の訓練を重ねる姿勢が素晴らしいと思う(35歳男性)」「サイヤ人最強のキャラとしての立ち振る舞いがかっこいい(23歳男性)」などのコメントが寄せられました。

また、「一番人間らしいキャラ(35歳女性)」「愛すべきツンデレ愛妻家なので、好感がもてる(28歳男性)」「戦士の誇りを持つエリートだけど、実は息子に優しい点などが格好良いから(32歳男性)」などの声も見られました。
 

第1位:孫悟空(56票)

(画像出典:Amazon

「オッス! オラ悟空」の主人公・孫悟空が1位でした。当初は尻尾の生えた小さな少年だった悟空は、修行を重ねて史上最強の戦士へと成長。誰よりも強くなろうとする闘志や圧倒的な強さ、優しさに魅了された人が多いようです。

回答者からは、「天真爛漫な明るい性格(38歳女性)」「どんな状況でも楽しむことを忘れず前を向く姿が好きです。『おらワクワクしてきたぞ』は聞いてるだけでワクワクしてくるし、そんな姿に勇気を何度ももらいました(43歳女性)」「自由な性格だけど、しっかり仲間想いなところが好きです(24歳男性)」「何年たっても純粋無垢でダントツで優しい(20歳女性)」など、悟空の内面についてのコメントが目立ちました。

さらに、「最初はそんなに強くないのに修行することでパワーを増してどんどん強い相手に勝ってしまうというのが見ていて楽しい(64歳男性)」「物語の主人公としての活躍を子供時代から大人になり孫が出来るまで見ていて、ただのヒーローというだけではない人生そのものへの愛着があるキャラクター(38歳男性)」などの声が見られました。

>13位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『名探偵コナン』好きな主要キャラクターランキング! 2位「工藤新一」、1位はやっぱり……?
『スラムダンク』好きなキャラクターランキング! 3位「流川楓」、2位「三井寿」を抑えた1位は?
『ルパン三世』で好きな主要キャラクターランキング! 「次元大介」を抑えた圧倒的1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」