40代の脇役男性俳優のタレントパワーランキング! 3位「井ノ原快彦」、2位「ムロツヨシ」、1位は?

アーキテクトが実施している『タレントパワーランキング』は、定期調査結果から40代の脇役男性俳優のタレントパワーランキングを発表。2位ムロツヨシさん、3位井ノ原快彦さんという結果となりました。果たして1位は?

映画やドラマで欠かせないのが脇役俳優の存在です。

そこで今回は、アーキテクトが実施している『タレントパワーランキング』が発表した40代の脇役男性俳優ランキングTOP3をご紹介していきます。どの俳優がランクインしているのでしょうか?
 

第3位:井ノ原快彦さん

第3位となったのは、”イノッチ”の愛称で親しまれる井ノ原快彦さんでした。

井ノ原さんはジャニーズ事務所に所属し、アイドルグループ『V6』 のメンバーとして1995年にデビュー。俳優としても活躍し、『お金がない!』や『コーチ』などさまざまなドラマに出演。2006年からは、ドラマ『警視庁捜査一課9係』で浅輪直樹役として出演し、脇役俳優としての地位を確立しています。

さらには、8年間にわたりNHKの朝の情報番組で司会を務めるなど、多才な活躍を見せています。
 

第2位:ムロツヨシさん

第2位となったのは、個性派俳優のムロツヨシさんでした。

2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』を皮切りに、『踊る大捜査線』シリーズなどさまざまな作品に脇役として出演。その後、2011年に始まった人気シリーズ『勇者ヨシヒコと魔王の城』での魔法使い役で一気にブレイク。

2018年には、戸田恵梨香さんと共演した『大恋愛~僕を忘れる君と』での好演が話題に。また最近では、ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』で交番所長役を演じ、その存在感を見せつけました。
 

第1位:大泉洋さん

堂々の第1位に輝いたのは、大泉洋さんでした。

演劇ユニット『TEAM NACS(チームナックス)』の一員として活躍し、1996年に放送開始したローカルバラエティ『水曜どうでしょう』でも大人気の大泉さん。

脇役俳優としては、『救命病棟24時』や『ハケンの品格』などの大人気ドラマに出演し、その個性的な存在感で一躍ブレイク。主役としてもさまざまな作品に出演し、最近では大泉さんを主人公にあてがきされた作品『騙し絵の牙』が映画化され、話題となりました。

>次ページ:5位までのランキング結果

【おすすめ記事】
30代の脇役男性俳優のタレントパワーランキング! 3位「中村倫也」2位「山田孝之」、1位は?
50代の脇役男性俳優のタレントパワーランキング! 3位「遠藤憲一」、2位「堤真一」、1位は?
40代以下の脇役女性俳優タレントパワーランキング! 3位「志田未来」、2位「吉田羊」、1位は?
50代以上の脇役女性俳優タレントパワーランキング! 3位「木村多江」、2位「薬師丸ひろ子」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
タレントパワーランキング

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在