子育て世帯夫婦が選ぶ「住み続けたい自治体」ランキング! 3位「武蔵野市」2位「東京都中央区」、1位は?

「SUUMOリサーチセンター」が発表した「2021年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング」によると、子育て世代夫婦が選ぶ「住み続けたい自治体ランキング」、3位は「武蔵野市」、2位は「東京都中央区」でした。果たして1位は?

住まいの調査研究機関「SUUMOリサーチセンター」は10月5日、「2021年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング」を発表。関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の各自治体に住む約30万人に対し「今住んでいる街に住み続けたいか」に関する実態調査を実施。街の魅力35項目などをアンケートで尋ね、ランキングにしました。

本記事では、「住み続けたい自治体・ライフステージ別ランキング」から子育て夫婦世帯の上位TOP3を紹介します。
 

第3位:武蔵野市(東京都)

3位は、東京都の「武蔵野市」です。買い物や飲食が楽しめる大型の商業施設のほか、映画館や美術館といった文化施設、井の頭公園、武蔵野プレイスなどの公共施設がバランス良く揃っている街。

街の魅力TOP5でも、「利用しやすい商店街がある」や「公共施設が充実している」といった項目がランクインしています。
 

第2位:中央区(東京都)

2位は、東京都の「中央区」でした。日本橋や人形町、築地といった歴史ある街並みが特徴で、飲食店なども全国チェーンは少なめでローカル色強め。地域ごとのお祭りが盛んで、子ども同士や親同士の顔見知りが作りやすいのも子育て世帯にとっては魅力的です。

街の魅力TOP5をみると「防犯対策がしっかりしている」「防災対策がしっかりしている」といった項目がランクインしており、地域住民同士のネットワークの強さがうかがえます。
 

第1位:目黒区(東京都)

子育て世帯の夫婦が選んだ第1位は、東京都の「目黒区」でした。東京23区の南西部に位置する人口約28万人(令和3年10月現在)の街で、一般住宅地として発展しています。自由が丘や青葉台など高級住宅地も擁しており、落ち着いた雰囲気が子育て世帯からも人気。

有名スポット「目黒川沿いの桜」には、ソメイヨシノを中心に約800本の桜の木が続き、毎年シーズンになると多くの花見客で賑わいます。周辺には「碑文谷公園」や「菅刈公園」といった公共施設も充実しており、住環境に恵まれた魅力ある街です。

>次ページ:10位までのランキング結果

【おすすめ記事】
首都圏の「街の幸福度」ランキング! 3位「東京都中央区」、2位は「横浜市都筑区」、1位は?
首都圏の住みここちランキング! 3位「港区」、2位「文京区」、1位は3年連続の…
首都圏の独身男女2000人が選ぶ「住みたい街」ランキング! 3位「横浜」、2位「新宿」、1位は4年連続で?
首都圏で「穴場だと思う街」ランキング! 2位「和光市」、1位は4年連続であの駅

【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」