JR東日本クロスステーションは10月14日の「鉄道の日」にちなみ、10月12日~11月1日の期間限定で、NewDaysと駅弁屋において、「駅弁風おにぎりシリーズ」の第1弾を発売します。
 

「駅弁風おにぎりシリーズ」 第1弾は全3種

 

気になる「駅弁風おにぎりシリーズ」の第1弾ラインナップ

 

1. 牛肉どまん中風おにぎり 300円(税込)
 

牛肉どまん中風おにぎり

 

米沢駅弁で有名な新杵屋が監修した「牛肉どまんなか」をイメージしたおにぎり。山形県産米である「どまんなか」を握り飯に使い、具材には甘辛い牛そぼろと牛肉煮がたっぷり。牛肉の甘辛い味付けの特徴を生かしつつ、おにぎりにしたときの甘さのバランスに細心の注意を払ったというエピソードも。

 

牛肉どまん中を提供している新杵屋監修


 

2. ひっぱりだこ飯風おにぎり 280円(税込) 
 

ひっぱりだこ飯風おにぎり

 

神戸・大阪エリアでおなじみの淡路屋が監修した「ひっぱりだこ飯風おにぎり」は、穴子や野菜をたっぷり炊き込んだご飯に、タコの煮物が入ったおにぎりです。噛むごとにタコのうまみが口の中に広がります。駅弁の「具だくさん」を再現するために、食材選びから配合量に工夫を凝らし、できる限りたくさんの具材を詰め込まれています。

 

神戸・大阪エリアの駅弁で有名な淡路谷監修


 

3.チキン弁当風おにぎり 240円(税込)
 

チキン弁当風おにぎり

 

日本ばし大増が昭和39年から提供しているロングセラー商品の「チキン弁当」をもとにしたおにぎり。発売当初から変わらない唐揚げとトマト風味ライスが老若男女を問わず、幅広い世代に支持されています。ドライトマトの酸味が良いアクセントに。

 

日本ばし大増が監修



コロナ禍で旅行に行く機会が少なくなった方や、駅弁を食べる習慣が少ない若い人たちに、気軽に食べてもらいたいという思いから、より手軽に楽しめる「駅弁風おにぎりシリーズ」が誕生しました。お近くのNewDays、駅弁屋でちょっとした旅行気分を味わってみませんか?
 

【販売箇所】
・NewDays、NewDays KIOSK ※一部販売していない店舗あり
・東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ東京店」ほか7店舗、上野駅「駅弁屋 匠 エキュート上野店」ほか2店舗、 新宿駅「駅弁屋 頂」ほか2店舗、大宮駅「駅弁屋 旨囲門 エキュート大宮店」ほか
 

 

【おすすめ記事】

・ファミマの大ヒットおむすび「ごちむすびシリーズ」がリニューアル! 何が変わった?

この美味しさで300円台!? ファミマの356円「トクトク弁当」が本当におトクだった
・「昆布」が6位に!? 好きなおにぎりの具ランキング【500名アンケート調査】

・ファミマ限定「喫茶店のレトロプリン」を食べてみた。そこにはふと昔を懐かしんでしまう自分がいた……

・ファミマから「てりやき肉まん」が発売! 「てりやき×肉×マヨ」はまさに禁断の味


【関連リンク】
プレスリリース