セブンの新作「ベニエ ホイップ入り」もう食べた? フランスの“揚げパン”をアレンジした注目スイーツ

セブン‐イレブンが9月28日に「ベニエ ホイップ入り」108円(税込)を発売しました。この商品がきっかけで、“ベニエ”という言葉を初めて聞いた方もいるかもしれません。この記事では、そんな方にも分かりやすくベニエについて解説しながら、レポートしていきます。

「ベニエ ホイップ入り」


セブン‐イレブン(以下、セブン)が9月28日に発売した新商品「ベニエ ホイップ入り」108円(税込)。この商品がきっかけで、“ベニエ”という言葉を初めて聞いた方もいるかもしれません。この記事では、そんな方にも分かりやすくベニエについて解説しながら、レポートしていきます。
 

「ベニエ」とは? フランス生まれの“揚げパン”をセブン流にアレンジ

「ベニエ」とは、フランスで生まれ、アメリカ・ニューオーリンズの名物としても知られるスイーツです。フランス語で“揚げた生地”を意味することから、ドーナツのような揚げ菓子として親しまれています。
 

それぞれ独自の食文化を持つフランスとアメリカで、なぜ同じスイーツが親しまれているのか、気になる方もいるでしょう。ニューオーリンズを擁するルイジアナ州は、かつてフランス領だった歴史を持ちます。
 

そのため、フランスの食文化も取り入れた「クレオール料理」という独自の料理スタイルが発展してきました。ベニエは、そのクレオール料理の1つとして愛されるスイーツで、ルイジアナ州の公式ドーナツにも認定されているといいます。
 

ニューオーリンズで食べられるタイプのベニエ(写真AC)


そんな広く愛されているベニエは、フランスとニューオーリンズとで作り方にそれぞれ異なる部分があります。フランスのベニエは、丸型のパン生地のものが主流です。外側には粉砂糖が振ってあり、中にはジャムやチョコレートクリームなどがたっぷりと入っています。
 

一方、ニューオーリンズで食べられているベニエは、四角い形が特徴。同じくパン生地を揚げて作られるのですが、仕上げに粉砂糖を振りかけるだけで、中には何も入っていません。大きさもフランスのベニエより小ぶりで、その分一度のオーダーで複数個を提供するスタイルが定番となっています。
 

セブンの「ベニエ」はどんな味?

セブンの「ベニエ ホイップ入り」

その点を踏まえて、今回新発売されたセブンのベニエをレポートしてみると、四角い形はニューオーリンズスタイルといえそう……。ですが、大きさはフランスのベニエに近く、また「ホイップ入り」ともあるので、その辺りもややフランス寄り……。結論、両者の良いとこどりのベニエとしましょう!
 
中にはホイップクリームがサンド


実際に食べてみると、生地は歯切れが良く、もっちりとした食感。口の中でパサパサすることなく、ややしっとりめの印象です。粉砂糖の甘みも優しく、どんどん食べ進められます。クリームの部分にたどり着くと、まろやかな甘みとコクがプラスされて、最後まで飽きずに食べることができました。
 

食べ応えも十分で、これで108円はお得に感じます! コーヒータイムのお供にもぴったりなベニエ、見つけたらぜひ買ってみてはいかがでしょうか?


【おすすめ記事】
【まさにアップルパイとTwitterで話題】井村屋「ごろろん果肉 アップルパイバー」を実食レポ!
ダイソーで「焼き干し芋」を発見! 「平切りタイプ」「スティックタイプ」を食べ比べてみたら……
モスの食パンを買えるチャンスはあと1回! 販売休止になる濃厚な食パンを食べて欲しい3つの理由
モンテールの秋スイーツ! ベルギーチョコのシュークリーム&エクレア、大人モンブランを実食レポ
シャトレーゼで「芋栗スイーツ」が盛りだくさん! リピ買いしたいおすすめ4選


【関連リンク】
セブン‐イレブン「ベニエ ホイップ入り」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応