ダイソーの「頭の体操 脳の活性化」ゲームをやってみた! その結果判明したことは「激ムズ」ということ

ダイソーの「頭の体操 脳の活性化」シリーズをご存じですか? パズルやブロックなど、なんとなく簡単そうと思えるようなものなのですが、実際にやってみたらとんでもない! びっくりするくらい激ムズだったのです!

 
ダイソーの「頭の体操 脳の活性化」ゲーム(画像はすべて筆者撮影)​​​​


ダイソーに「頭の体操 脳の活性化」というシリーズのゲームがあるのを知っていますか? パズルやブロックなど、なんとなく簡単そうに思えるゲームなのですが、実際にやってみたらとんでもない! びっくりするくらい激ムズだったのです!
 

筆者がチャレンジして、かなり苦戦したのは以下の3つです。
 

1. IQパズルブロック

「IQパズルブロック」

「IQ」というだけで、なんだか頭を使いそうな印象を受けるゲームです。難易度は、3段階中レベル2。
 
形や色が違うブロックが7個

色や形が異なるブロックが7個あります。
 
バラバラのブロックを元に戻した状態


この7個のブロックをバラし、組み立てて元に戻していくのが基本の遊び方。一見簡単なようですが、バラバラになった後、何も見ずに元のようなきれいなブロックに戻すのは非常に大変。筆者にはできませんでした……。
 

まず、何を一番下に置けば良いのか分からないのです。土台が決まらないから先に進まないという、本当に手が止まってしまう状態に陥ります。
 

パッケージに解説あり


幸いにもパッケージに組み立て方が掲載されているので、その通りに組み立てることで元通りになります。ただ、必ずしも元に戻らなくても良いですし、自分なりにいろいろな形を作って「こんな形ができるのかな」と想像しながら組み立てるのも良いのだと思います。正解はない。それが「IQパズルブロック」の答えかもしれません。
 

2. IQパズルバブル

「IQパズルバブル」

三角形のプレートの中に、形が違うパーツを入れていきます。難易度は3段階中レベル2です。
 
隙間ができてしまい、完成させるのは難しい

実際にやってみたのですが、一度取り出すと、元に戻すのはかなり難しいです。「IQパズルブロック」と同じで、何をどこに入れるのか、スタートの時点でつまずいてしまいます。
 
戻し方の解説がある

でも、こちらもパッケージに戻し方が掲載されているので大丈夫。いろいろなパターンで完成できるようなので、「うーん」と考えながら、そして実際にパーツを埋め込みながら考えていくイメージです。頭の中で考えてもきっと完成しないと思いました。
 
立体的に組み立てることもできる


パーツを積み上げ、ピラミッドのような形にすることもできます。立体的になるので、さらに難易度は上がります。これもパッケージにやり方が掲載されています。
 

3. トリプルムービングボール

「トリプルムービングボール」
​​​​​

ピンク色、黄色、青色のボールが入っていて、3カ所に色別に分けるゲームです。難易度は3段階中レベル3。
 
ボールが混ざっている状態

簡単そうに見えますが、そう甘いものではありません。全体を揺らすため、目的の色のボールだけではなく他のボールも動いてしまいます。例えば、ピンクを1カ所に集めたら次は黄色を1カ所に集めようと思って揺らしていると、ピンクが動いてしまうのです。
 
色別に分けることができた!


無事に色別に分けることができました。実は完成させたのは筆者ではなく高校生の娘。何度もチャレンジして、ようやく完成できました。1カ所に集中するのではなく、少し遠目で全体を見ながらボールの動きも見ていくのがコツなのだとか。
 

注意点としては、揺らす度にボールがぶつかり、カシャカシャと音がすることでしょうか。他の家族にとっては、ちょっと耳障りな音に感じてしまうこともあるかもしれません。
 

ダイソーの「頭の体操 脳の活性化」シリーズは、1個110円(税込)です。かなり集中ができますし、考える時間、そしてパーツを動かす時間も長いので頭の体操、脳の活性化になっているのだろうなと感じました。

完成させるのが難しいゲームもあるので、時には諦めも肝心。興味がある人はそういう緩い気持ちで、ストレスをためないようにしながら始めてみると良さそうです。


【おすすめ記事】
ダイソーの「3Dパズル」を侮ってはいけない! 想像以上のハイレベルに「ぶきっちょさん」は大苦戦!?
ダイソーの自由研究が110円とは思えないレベル。実は大人も楽しめちゃう!
SNSで話題の「推しグラス」を100均アイテムで作ってみた! やってみるととっても簡単!
キャンプ用品と思って買ったダイソーの「多機能フッククリップ」。実は車の中で大活躍!
スライスチーズ保存問題…長年の悩みを解決するダイソー優秀アイテム

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望