香水の香り人気ランキング!サボン(せっけん)やムスクの香りを抑えた1位は?

20~30代の男女1012人に香水に関する調査を行ったところ、男性が好きな女性用香水の香りと女性が普段つけている香水の香りはいずれもフローラル系とサボン(せっ けん)という結果でした。性別に関係なくどんなシーンでも使えることが人気のようです。

好きな香水をつけていると気分が上がって楽しい、そんな女性は多いもの。加えて、つけた香りが相手に良い印象を与えているなら、なおさらうれしいですよね。
 

実際、男性は女性の香水の香りについてどのように感じているのでしょうか。脱毛サロン『恋肌』が、全国の20~30代の男女1012人を対象に、2021年9月10~13日の期間で女性の香水に関するインターネット調査を行いました。
 

女性が好きな香りの種類、1位はフローラル系

まずアンケート対象者のうち女性502人に対して、「ご自身がお好きな香りを教えてください」と質問したところ、フローラル系が26.9%で1位でした。「他の人とすれ違う時などにふわっと香ってきた時、フローラルの香りがいい匂いだと思ったから」(20代/東京都/会社員)、「彼氏と同じタイプの香水だから。爽やかな香りがするから」(20代/宮城県/会社員)といった意見が。
 

2位はせっけんの香りで16.9%でした。「嫌いな人がいないと思う。人に不快感を与えない匂いだと思うから」(30代/埼玉県/パート・アルバイト)、「爽やかな香りでユニセックス感があるから」(30代/神奈川県/公務員)などの声が見られました。

3位は柑橘系で14.9%。「爽やかな香りが好きだから。癒されるから」(20代/岡山県/無職)、「甘い香りに比べて匂い酔いがしにくい」(20代/神奈川県/パート・アルバイト)といった意見が見られました。
 

フローラル系やせっけんの香りは、使う季節やシーンを問わないこともあって多くの人が好感を持っていることが分かります。
 

普段使いの香水はシーン別に使い分ける女性が6割以上

普段つけている香水は好きな香りが中心


では、好きな香りと普段つけている香りとでは違いがあるのでしょうか。
 

「普段つけている香水の種類を教えてください」という質問に対して、フローラル系が40.0%と最も多くの人が回答しました。次いでサボン(せっけん)が36.9%、ムスクが26.1%、柑橘が23.3%、フルーティーが18.5%という結果に(複数回答)。好きな香りを普段つける香水として選ぶ傾向が強いことが分かります。
 

ほのかな甘さが広がるフローラル系や、清涼な印象を与えるサボン(せっけん)は、香水初心者でも使用しやすく性別を問わない香りとして人気が高いようです。フルーティーやジャスミン、紅茶など身近な香りに使いやすさを感じていることもうかがえます。
 

女性の香水の香りを重要視している男性は約6割

女性の香水の香りは恋愛においても大切な要素


一方、男性は女性の香水についてどう感じているのか気になりますね。

アンケート対象者のうち男性510人に対して、「香水の香りでドキッとしたことはありますか?」と質問したところ、「ある」と答えた人は60.4%でした。

続いて「恋愛において女性の香りを重要視しますか?」と質問したところ、「とても重要視する」「ある程度重要視する」と答えた人が59.4%と6割近くの男性が女性の香りを重要視していることが分かりました。

「お互いに好きな香りだと相性が良いらしいから。それに好きな香りは好感を持てる」(20代/静岡県/学生)、「いい香りの方が身だしなみに気を遣っていると感じるし、居心地いいから」(30代/京都府/公務員)などの意見が寄せられました。

好きな人とのデートのときは、さりげなく香水をつけてみると相手に好印象を抱いてもらえる可能性が高まるかもしれませんね。
 

>次ページ:好きな香水の香り、7位までのランキング結果

【関連記事】
香水にまつわる用語集
香水の成分と香水が出来るまで
香水の試し方!自分に合う香りを選ぶには
男性が選ぶ「恋人にしたい著名人」ランキング! 2位「新垣結衣」を抑えて1位に選ばれたのは?

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」