2021年9月で終了する名残惜しい番組ランキング! 『有吉反省会』を抑えた1位は?

全国の男女500人に聞いた「9月で終了する名残惜しい番組」ランキング! 数々の人気番組が終了する今年の9月。その中で、最も終了を惜しむ声が多かった番組は? オールアバウト独自調査では、22番組が出揃いました。(画像出典:日本テレビ『有吉反省会』公式ホームページ)

2021年9月に長年続いた人気番組が次々と終了します。終了する番組の中には、「名残惜しい」と感じる番組も多いのではないでしょうか? AllAbout編集部は、10~60代の男女500人を対象にテレビ番組に関する独自調査を実施。アンケート調査結果から、今回は「2021年9月で終了する名残惜しい番組」ランキングを発表します!(調査期間:2021年9月22~24日)
 

3位:『有吉反省会』(日本テレビ)/86票

2021年9月25日に最終回の放送を終えた『有吉反省会』。有吉弘行さんがMCを務め、2013年4月にスタートした人気番組は今年で8年目でした。有吉さんの前で、話題の芸能人や文化人、スポーツ選手などが、過去の過ちや反省したいことなどを発表するバラエティ番組です。各回ゲストのカミングアウトでたびたびインターネット上をざわつかせていました。
 

回答者からは、「出演する芸能人の様々な驚くカミングアウトが聞けてとても面白くて、終わってしまうのは残念(20歳男性)」「面白いトークで笑うことができ、ストレス発散になっていた(34歳女性)」「かなり踏み込んで攻めた内容なのが本当に好きで、毎回見ていたので残念(18歳男性)」「テンポやキャストがよく、シンプルに面白みを感じた(21歳男性)」「有吉キャラ全開というのが、そもそも面白かった(37歳男性)」「普段テレビであまり活躍していない芸能人の意外な趣味や行動を深掘りするところやMC有吉さんの的確な指摘も見れなくなると思うと、個人的に癒される番組だったので非常に残念(48歳男性)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ)/96票

2021年9月14日に最終回を迎えた『幸せ!ボンビーガール』は、第1期の放送開始が2011年4月。第2期の放送開始は2013年4月からで、約10年間続いた人気番組です。MCの水卜麻美アナウンサーと番組出演者たちのボンビーファミリーで、「お金がなくても幸せに暮らそう!」をテーマに繰り広げられた情報バラエティ番組でした。
 

回答者からは、「毎週楽しみにしていました。夢を追いかけている人を見ると応援したくなるから(31歳男性)」「ビンボーなのに幸せそうにしている姿や森泉さんのDIYの凄さなど、観ていて楽しかった(26歳女性)」「貧乏時代の自分を思い出して共感ができて楽しかった。出てくる女の子が可愛い(29歳男性)」「開業している女性など頑張っている方の姿を見て、自分も頑張ろうと思えていた(27歳女性)」「地方から上京してくる女性が厳しい条件で都内で家探しをするコーナーが好きだった(32歳女性)」「昔からずっと見ていたし、その曜日になると思い出していました。今日は火曜日だから夜にボンビーガールがあるな、のように(27歳女性)」などのコメントが見られました
 

同率1位:『おしゃれイズム』(日本テレビ)/96票

2021年9月26日に最終回を迎え、16年半の歴史に幕を下ろした『おしゃれイズム』。放送開始は2005年4月でした。上田晋也さん、藤木直人さん、森泉さんの3人と、各回のゲストが織りなす30分枠のトーク番組。旬なゲストのプライベートな一面や意外な素顔を引き出す、MC3人の軽快なトークが魅力でした。

回答者からは、「色んなゲストが出てきてプライベートな話を聞けて楽しかった(30歳女性)」「好きな芸能人を掘り下げてくれる番組だった(28歳女性)」「藤木直人がトーク番組にレギュラー出演しているのが新鮮で楽しかった(40歳女性)」「毎回ゲストが赤裸々に自分のことをさらけ出してくれる番組だった(26歳女性)」「純粋なトーク番組のひとつだから。バラエティ要素が少なくてよかった(45歳女性)」「長年続いてきた番組がなくなることに加え、MCの上田晋也氏のゲストへのツッコミが見られなくなることが全く惜しい(57歳男性)」「ゲストとのまったりトークが無くなってしまうのは名残惜しい(21歳女性)」などのコメントが寄せられました。

【おすすめ記事】
ママに人気の情報番組の司会者ランキング! 2位は加藤浩次、1位は?
高校生がよく見る「テレビ番組」ランキング! 『ミュージックステーション』を抑えた1位は?
ママに人気の朝の情報番組ランキング! 2位「めざましテレビ」を抑えた、ダントツ1位は?
「一番好きなTBS金曜ドラマ」ランキング! 『花より男子』シリーズを抑えた1位は?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応