『鬼滅の刃』で担任の先生になってほしいキャラ! 「竈門炭治郎」「胡蝶しのぶ」を抑えた1位は?

『鬼滅の刃』で自分の担任の先生になってほしいキャラランキング! 後輩を指導する場面も多く見られる個性的なキャラクターの中から、「竈門炭治郎」「胡蝶しのぶ」を抑えて1位に選ばれたのは? (画像出典:アニプレックス 公式YouTubeチャンネル)

vivianeは、2021年10月からいよいよアニメ2期の放送が決定している『鬼滅の刃』の中で「自分の担任の先生になってほしい」キャラランキングを発表! 調査は、全国10~60代の男女500人を対象に、2021年8月14~15日までの期間でインターネット上で実施しました。
 

『鬼滅の刃』で担任の先生になってほしいキャラTOP3! 

『鬼滅の刃』で担任の先生になってほしいキャラTOP3(1Screen調べ)

『鬼滅の刃』の中で、自分の担任の先生になってほしいキャラランキングで1位を獲得したのは「煉獄杏寿郎」(23.8%)でした。次いで2位は「胡蝶しのぶ」(18.8%)、3位が「竈門炭治郎」(14.6%)でした。
 

第3位:「竈門炭治郎」(14.6%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネルより)

真っ直ぐで強い信念を持つ炭治郎。アニメ1期の中でも、猪突猛進「自分が自分が」と前に出たがる嘴平伊之助に「一緒に考えよう、一緒に戦おう」と投げかけ、見事な連携プレーで鬼と戦っていました。そんな姿から、生徒の心をポジティブな方向に向けられる理想の教師像が見えてきますよね。

回答者からは、「人情を熱く指導する先生になりそう。そんな先生から育つ生徒が増えてほしいと思ったから(20代女性)」「ダメなことはダメと落ち着いた口調でわかりやすく指摘してくれて頼りになる先生になりそう(30代女性)」「真面目すぎるけれど、優しく愛情深く生徒思いな先生になりそうです。この先生の言うことなら聞こうかなと思える(40代女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:「胡蝶しのぶ」(18.8%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネルより)

蝶屋敷で行った「機能回復訓練」では、やる気を失っている善逸に対してはおだてて、伊之助に対しては煽るなど、それぞれの性格に合わせてやる気を最大限に引き出す、指導者としての見事な才覚が見られた胡蝶しのぶ。笑顔で放つ、なかなか辛辣(しんらつ)なコメントにもハッとさせられます。

回答者からは、「蝶屋敷で竈門炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助に訓練をつけていた際に、一人一人へのフォローの仕方や教え方が違い、教えることが上手な人だという印象を持ったから(20代女性)」「かなり厳しいけど最終的には生徒の学力を1番伸ばしそうだから(30代男性)」「優しそうな授業展開だが、単純なものを間違えると笑顔でけちょんけちょんにけなしてきそう(40代男性)」などのコメントが見られました。
 

第1位:「煉獄杏寿郎」(23.8%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネルより)

1位は、炎柱「煉獄杏寿郎」。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、無限列車で出会い早々、炭治郎に「俺の継子になるといい、面倒を見てやろう!」と言い、至る場面で面倒見の良さが垣間見えたキャラクター。最後の場面で炭治郎、善逸、伊之助、一人一人の名前を呼び、メッセージを残した姿などは、まさに指導者のかがみです。

回答者からは、「熱血で全員に対して平等に真剣に向き合ってくれる体育の先生。競技とか体力テストとか一緒にやっていそう(10代女性)」「熱血で体育祭では1位を取るために一緒に汗水流してくれる先生になりそう(20代女性)」「熱血な先生が好きだからです。暑苦しそうで嫌がられながらも卒業後一番生徒の思い出に刻まれる先生になりそうです(30代女性)」などの声が見られました。


【おすすめ記事】
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『鬼滅の刃』の禰豆子を演じてほしい女優ランキング! 「永野芽郁」「浜辺美波」を抑えた圧倒的1位は?
【10分でわかる】「鬼滅の刃アニメ第1期」全話あらすじ&見どころをおさらい!
『鬼滅の刃』好きなキャラクターランキング! 3位「冨岡義勇」、2位「我妻善逸」、1位は?

【関連リンク】
1screen
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在