LINE FRIENDS「BT21」のカフェ第9弾が期間限定オープン! 8月27日から

「BT21カフェ」第9弾が東京(2会場)・横浜・名古屋・大阪・沖縄の計6会場にて、8月27日(金)から順次期間限定でオープンします。今回は“Relaxing Holiday”をコンセプトに、アウトドアで食べるようなフード・ドリンクメニューなどを提供予定です。

LINE FRIENDSの人気キャラ「BT21」によるカフェの第9弾が東京(2会場)、横浜、名古屋、大阪、沖縄の計6会場にて、8月27日(金)から順次期間限定でオープンします。

 

アウトドア気分を楽しめるメニュー

2021年7月から全国6会場で展開している「BT21カフェ」第9弾~MY LITTLE BUDDY~では、“MY LITTLE BUDDY”をテーマにした小さな相棒を連れたキュートなベビーのメニューやカフェオリジナル商品が登場。
 

8月27日(金)にオープンする「BT21カフェ」の第9弾第2幕は“Relaxing Holiday”をコンセプトに掲げ、キャンプやグランピングなどアウトドアで食べるようなメニューがセレクトされています。
 

「BT21カフェ」第9弾第2幕のコンセプトは“Relaxing Holiday”

スペシャル企画として、オリジナルアートでキャラクターが美味しそうに食べているフードも取り入れられており、チョイス次第ではキャラクターと一緒に食事を楽しめるような感覚も味わえます。また、セレクトメニューとして、可愛いスーベニアカップを使用したスープやデザートも用意。
 
チキンとオレンジのホットサンド 1760円(税込)
 
グリル野菜のカレー 1870円(税込)
 
タンドリーチキンタコス 1870円(税込)
 
スモークベーコンとこだわりたまごのスクランブルエッグ 1870円(税込)

その他、トッピングのアイスクリームがセットになったデザートもバリエーション豊かにラインナップ。
 
ピスタチオとチョコレートのスモア 1540円(税込)
 
シナモン香るアップルパイ 1540円(税込)
 
メープルレモンのダッチベイビー 1650円(税込)
 
ミックスベリーのダッチベイビー 1650円(税込)

フルーツと涼しげなミントを使った爽やかな香りのドリンクなども揃います。
 
モヒート(左からストロベリー、キウイ、ピーチ) 各990円(税込)
 
コーヒー(アイス/ホット)、紅茶(アイス/ホット) 各550円(税込)

 

オリジナル商品一覧

カフェオリジナルの商品も大充実。缶バッジやキーホルダー、ステッカー、キャンバスポーチ、ミニタオルなどをラインナップしています。
 
缶バッジ(ランダム7種)  660円(税込)
 
左:アクリルキーホルダー(ランダム7種) 770円(税込)、右:クリアファイル 440円(税込)
 
左:ステッカー(全7種) 各770円(税込)、右:ランチョンマット(全2種) 各1,000円(税込)
 
左:マドラー(全7種) 各990円(税込)、右:ランチトートバッグ 1650円(税込)
 
左:キャンバスポーチ 1980円(税込)、右:ミニタオル(全7種) 各990円(税込)
 
左:バンダナ(全2種) 各1320円(税込)、右:マシュマロ 972円(税込)

 

特典紹介

事前予約者限定カフェ利用特典として、事前予約のうえ(予約金:税込715円/1名)、メニューを注文した方に「オリジナルA5サイズWポケットクリアファイル(全7種)」がランダムに1つずつプレゼントされます。
 

また、ドリンク注文特典はカフェでドリンクメニューを注文した方に「オリジナルクリアコースター(全7種)」が1品につき1枚ランダムにプレゼントされます。
 

特典も見逃せない!


開催場所や期間、予約方法などの詳細については、公式ホームページからご確認ください。


【おすすめ記事】
BTSのキャラクター「TinyTAN」と「紅茶花伝」がコラボキャンペーンを開始! メンバー別7種のストラップ&タンブラー
高校生が「今一番好きなアーティスト」ランキング! 2位「King & Prince」、1位は?
そごう横浜店「ミッフィーzakkaフェスタ」開催! 限定品を含む1000以上のグッズが大集合
高校生に人気のミュージシャン 女子高生1位は「BTS」、男子高生1位はおなじみの…


【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」