絶対にやってはいけないエアコンの使い方3選

今回は、就寝時、避けたいエアコンの使い方も坪田さんから聞きました。

 

〇設定温度が低すぎる

坪田さん:アンケートでは、20度以下に設定している人もいました。設定温度が低すぎると、たとえば風邪をひいてしまうなど、体調不良が起こりやすくなります。ぐっすり眠ると免疫力が高まり、病気になりにくくなるはずですが、これでは逆効果です。また、室温を下げておいて厚い掛け布団で眠るのは、電気代の無駄になります。さらに、不必要な電力を使うのは、環境にも優しくありません。


〇風を直接、体に当てる

坪田さん:エアコンの風が直接、体に当たると、その部分の体温が下がります。体温が下がると血行が悪くなり、代謝が落ちて老廃物が残ってしまいます。送風口を調整してなるべく風が直接当たらないようにするか、タオルケットなどで体を包んで眠りましょう。エアコンに向けて扇風機の風を送ると、風の流れができて電気代の節約にもなります。


〇目覚める前だけにエアコンをかける

坪田さん:「絶対にダメ」というわけではありませんが、注意が必要です。朝にエアコンをオンにして、涼しい部屋で気持ちよく目覚めることは良いことです。しかし、眠ってから朝まで暑い部屋にいたわけですから、汗をたくさんかいています。その状態でエアコンをかけると、体が冷えすぎてしまうことがあります。エアコンの設定温度は、少し高めが良いでしょう。
 

体調が崩しやすくなるこの季節、就寝時には上記3つのポイントに配慮してエアコンを使用してみてください。

 

【おすすめ記事】
肩こり・頭痛・腰痛の原因!クーラー病予防・対策
エアコン節電対策5つのポイント
サーキュレーターや扇風機を使ってエアコンの節電
暑い夏を快適に!無印で大人気の「夏用スリッパ」3足を履き比べ