「ミネラルウォーター」をよく買う街ランキング! 3位「鳥取市」、2位「那覇市」、1位は…?

総務省が行った「家計調査2020」の回答結果をもとに、県庁所在地別「ミネラルウォーター」の支出金額ランキング上位を紹介します。

8月6日に発表された総務省「家計調査」。新型コロナウイルスの感染拡大により、消費も大きく変化した1年でしたが、2020年に最も多く「ミネラルウォーター」を購入した街がどこかご存じですか?
 

今回は、県庁所在地別「ミネラルウォーター」の支出金額ランキングを発表します。
 

1位は静岡市


こちらに示しているのは、1年間のミネラルウォーター購入数量を「各県庁所在地の平均世帯人数」で除算し、1人当たりの数量を試算したものです。
 

TOP3は以下の通りでした。
 

1位:静岡市 2480円
2位:那覇市 2283円
3位:鳥取市 2117円
 

1位は「静岡市」。お茶のイメージがある静岡県ですが、富士山の水の恵みをふんだんに受け、山梨県とともにミネラルウォーターの生産地としても知られています。富士山の周辺地域は水道水すら美味しいといわれますが、やはり飲み水には美味しいものを選んでいるのでしょう。また、美味しいお茶を淹れるにも、ミネラルウォーターは欠かせないのかもしれません。
 

TOP3には、2位「那覇市」、3位「鳥取市」がランクイン。2位「那覇市」の浄水場は、水の硬度が高めであるといわれています。そのため、日本人にとってお茶や料理に使いやすく、飲み心地がいい軟水ミネラルウォーターを購入する機会が多いのでは。3位「鳥取市」のある鳥取県大山周辺には、「名水」と呼ばれる水どころが各所に点在。そのため鳥取県は、美味しいミネラルウォーターの産地ともなっています。静岡市同様、美味しい水が身近にあるからこそ、人々のミネラルウォーターへの関心も高いのかもしれません。


>県庁所在地別の全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
全国1345市町村の水道料金ランキング! 1位と最下位は6000円もの差が
「水道水を飲むことに抵抗がない」都道府県ランキング! 3位 「鳥取県」、同率1位は東北地方の…?
「緑茶」が好きな街ランキング! 3位「長崎市」、2位「奈良市」、1位はやはり…?
「炭酸飲料」をよく買う街ランキング! 3位「札幌市」、2位「徳島市」、1位は…?


【関連リンク】
家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 年報 年次 2020年
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在