「サイバー攻撃」により被害を受けた企業が多い国ランキング…1位「コロンビア」、2位は? 日本は何位?

過去14年間で重大なサイバー攻撃を世界で最も多く受けた国のトップは「米国」。過去1年以内でサイバー攻撃により被害を受けた企業の割合が最も多かったのは「コロンビア」でした。日本と世界のサイバー能力比較で日本の強みと弱みが浮き彫りになりました。

NordVPNは8月12日、サイバー攻撃により被害を受けた企業の割合や世界と日本のサイバー能力比較などを公表しました。アメリカ政府とイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、日本、EU、NATOなどは、2021年7月19日に、マイクロソフトのメールシステムに対する大規模サイバー攻撃やランサムウェア攻撃をめぐり、中国政府を非難する声明を発表。このような状況下で、サイバーセキュリティに対する関心は世界中で高まっています。
 

サイバー攻撃により被害を受けた企業の割合ランキングTOP3

サイバー攻撃により被害を受けた企業の割合ランキングTOP3

過去1年以内にサイバー攻撃により被害を受けた企業の割合が最も多かったのは、「コロンビア」(93.9%)。2位は同率で「中国」「ドイツ」(91.5%)と続きました。

2006年5月から2020年6月の間に、国の政府機関、防衛・ハイテク企業に対するサイバー攻撃、100万ドルを超える損失を伴う経済犯罪など、重大なサイバー攻撃を世界で最も多く受けた国のトップは、156件の攻撃を経験した「アメリカ」。2位は、47件の「イギリス」、「インド」が23件の重大攻撃を受けて世界3位でした。「韓国」が18件で5位、「中国」は15件で8位、「日本」は13件で11位でした。
 

日本に対するサイバー攻撃は世界のどの国から来ている?

日本に対するサイバー攻撃は世界のどの国から来ている?

情報通信研究機構(NICT)が観測・分析したデータによると、日本に対してサイバー攻撃を最も多く行っている国(2020年6月の攻撃関連通信量による)は、ロシア、スイス、アメリカ、オランダ、中国の順でした。規制の緩いサーバーを経由した攻撃が急増し、2019年9月に1位だったオランダは、2020年も引き続き20億パケット超。ロシアとアメリカは10億パケットを超えるサイバー攻撃に関連するデータ通信量が観測されています。
 

日本のサイバー能力……国家的なサイバー戦略に超えられない壁

世界TOP10の国のサイバー能力をサイバー能力比較

「国家サイバーパワー・インデックス(NCPI)」では、日本は30カ国中9位にランクイン。防御力(国家のサイバー防衛力の強化と充実)が最も高く、商業性、情報統率力、諜報力、攻撃力は低いスコアとなっています。日本は、憲法の制約により攻撃的なサイバー能力を持つことは難しい一方で、「eコマースの浸透」など、商業性についてはヨーロッパや東南アジア諸国と横並び。日本のサイバー能力はサイバーセキュリティの面では評価を受けながらも、国家的なサイバー戦略については超えられない壁があることがうかがえます。

【おすすめ記事】
2020年日本で漏えいしたパスワードランキング! 推測されやすいパスワードとは?
iPhone/iPadでもウイルス対策のセキュリティソフトは必要か?
Amazon偽メールが急増中! 騙されるとどうなる?
テレワークを狙った攻撃が増加! セキュリティ対策はどうする?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」