「不動産投資とFIRE」を1200人に調査……FIRE実現の50代以下は約2割! 7人に1人が「経済的自由」を達成

不労所得のみで日々の生活費を賄える「経済的自由」達成者、さらに早期退職(脱サラ)まで実行した「FIRE」実現者はどのくらいの割合で存在するのでしょうか? 世代別割合と実現者のリアルな声、未実現者の理想などを調査しました。

日本財託グループは8月6日、「不動産投資とFIRE」に関するアンケート調査結果を公表しました。調査は東京23区の投資用マンションのオーナー(25~94歳)1254名を対象に、2021年6月18~25日の期間でインターネットにより実施しました(回答者の年代内訳:20代20名、30代229名、40代382名、50代394名、60代174名、70代47名、80代以上8名)。

今回の調査においては、「経済的自由」とは、不労所得のみで日々の生活費を賄える状態「FIRE」は、不労所得のみで日々の生活費を賄える状態となったうえで、いわゆる早期退職(脱サラ)まで実行した場合と定義し、提示しました。2021年6月時点で、不労所得のみで日々の生活を賄える状態である「経済的自由」を達成している人、FIREを実現している人はどのくらいいるのでしょうか?
 

回答者の7人に1人が「経済的自由」または「FIRE」を実現していると回答

1254名中「経済的自由」または「FIRE」を実現している人は7人に1人
1254名のうち、「経済的自由」または「FIRE」を実現していると回答した人は172名。全体の14%を占め、7人に1人であることがわかりました。
【世代別】経済的自由達成者の割合
経済的自由を達成したと回答した人が最も多かった世代は60代であったものの、​経済的自由実現者の約40%が50代以下の現役世代。このうち半数を超える37名が、FIRE(早期退職)まで実現していると回答しました。
 

経済的自由を達成して一番良かったこと「精神的な余裕」

経済的自由またはFIREを達成して、一番良かったと感じること
経済的自由またはFIREを達成して、一番良かったと感じることは、「精神的な余裕」を挙げる人が最も多く、60%を占めました。次いで、「時間的な余裕」(28%)、「金銭的な余裕」(17%)でした。

「精神的な余裕」を挙げた人からは、「嫌な仕事をしなくてよくなり、暴飲暴食などストレス解消が不要となったため心身ともに健康になった」「リストラや病気離脱、会社が潰れても収入がある精神的安心を得られた」「ストレスの溜まる人間関係が減少した」「(人生の)選択肢が増えた」「自分の信念に従って行動できる。 サラリーマンでは企業の利益優先せざるを得なかった」などのコメントが寄せられました。

「時間的な余裕」を挙げた人からは、「睡眠を十分にとれるようになり、健康を取り戻せた。家族との会話やご近所付き合いが増えた」「介護が必要な親の面倒を見ることができるようになり、親孝行ができている」などの声が見られました。「金銭的な余裕」としては、「リスクをあまり感じないで、ゆっくり先を見越した投資ができる」「躊躇なくお金を使え、ゆとりのある生活が送れる」などが挙げられました。
 

未実現者のうち4割以上がFIREを目指している!

目指すFIRE像は、「セミリタイア」志向の人が86%
まだ「経済的自由」を実現していないと回答した1082人のうち、FIRE(早期退職)を目指していると回答した人は466人。経済的自由をまだ実現していない人のうち、43%を占めました。

目指すFIRE像は、経済的自由の達成後も働く「セミリタイア」志向の人が86%と圧倒的多数でした。あと何年でFIRE達成できそうか尋ねたところ、平均は「12年後」。また、最終的に目指している手取り家賃収入(月額)の平均は49万円でした。

【おすすめ記事】
FIREとは? 早期リタイアとの違いや必要な金額は
44歳貯金3500万円、職場ストレスで早期退職を希望しますが、子ども2人のお金が心配
23歳年収420万円。40歳前に「FIRE」できる? いくら貯めればいい?
54歳無職、公務員を早期リタイアし後悔、貯金に不安が

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」