横浜元町「霧笛楼」の横濱フレンチをテイクアウトで! 夏季ならではのお持ち帰り「アラカルト料理」2品を考案

横浜・元町のフレンチレストラン「霧笛楼」では、8月3日から夏のテイクアウト「おうちdeフレンチ」の受付を開始。メニューは「オマール海老の蒸し煮」「地養鳥もも肉のコンフィ」の2品。「霧笛楼の味をご家庭で楽しんでいただきたい」との思いが込められています。

横浜・元町のフレンチレストラン「霧笛楼(むてきろう)」では、8月3日から夏のテイクアウト「おうちdeフレンチ」の受付を開始。猛暑や残暑の食欲が低下する時期におすすめのお持ち帰り「アラカルト料理」2種類のメニューを9月中旬までの期間限定で用意します(画像はすべて霧笛楼提供)。

 

「霧笛楼」は開店40周年を迎えた老舗フレンチレストラン

霧笛楼 外観


2021年5月1日に開店40周年を迎えたフレンチレストラン「霧笛楼」。フレンチの技法で日本の旬の食材を調理する「横濱フレンチ」にこだわったメニューを提供しています。
 

横浜生まれで、開店当初からレストランに携わり、料理長を経て現在は統括総料理長をつとめる今平 茂さんの「横浜らしい、元町らしい料理を提供したい」という思いから、横浜、神奈川産を中心に旬の野菜をふんだんに使うのが特長。バターやクリーム類は極力使わずオリーブ油などの植物油を使い、あっさりと優しい味ながらインパクトある一皿が楽しめます。

 

霧笛楼の味をお持ち帰り「アラカルト料理」で表現

今平さんと総料理長の高田裕康さん、スタッフの皆さんは「コロナ禍の中、霧笛楼の味をご家庭でもお召し上がりいただき、楽しんで元気になっていただきたい」と、2020年5月から季節を感じられるお持ち帰り料理を提供。付け合わせやソースに至るまで、レストランで提供する料理と同じように丁寧な仕事を施し、試作を重ねてメニューを考案しています。
 

今夏は、猛暑や残暑の食欲が低下する時期にも相応しい、新たなお持ち帰り「アラカルト料理」として「オマール海老の蒸し煮」「地養鳥もも肉のコンフィ」の2種類を用意。
 

メイン料理はレンジで簡単に温めることができ、たくさんの横浜野菜を中心とした夏野菜を常温のまま食べられるよう、別途付け合わせてあります。いずれもランチタイム、ディナータイムでの持ち帰りが可能です。

 

  • オマール海老(ハーフサイズ)の蒸し煮 白スパイスソース
オマール海老(ハーフサイズ)の蒸し煮 白スパイスソース


オマール海老(ハーフサイズ)の蒸し煮 白スパイスソース」は、ハーフサイズのオマール海老を蒸し煮にし、身はふっくらとしていて旨味が凝縮されています。かかっているのは、夏らしい味わいの白スパイスソース。
 

横浜十日市場・佐藤農園さんのはるみ米と黒米を使ったサフラン風味の炊き込みライス、白身魚の「霧笛楼・ブイヤベース風」が一皿になっています。
 

冷製の付け合わせは「フジーリ(パスタ)のラタトイユ風ソース 数種類野菜のエチュベ とうもろこしの冷製スープ掛け」。ラタトイユ風ソースやとうもろこしの冷製スープを軽くかき混ぜ、夏野菜と一緒にいただきます。
 

商品名:アラカルトA「オマール海老(ハーフサイズ)の蒸し煮 白スパイスソース」
価格:税込3500円

 

  • 地養鳥もも肉のコンフィ じゃが芋のローストと椎茸のブルギニョン風
地養鳥もも肉のコンフィ じゃが芋のローストと椎茸のブルギニョン風


地養鳥もも肉のコンフィ じゃが芋のローストと椎茸のブルギニョン風」は、真空低温調理した地養鳥もも肉のコンフィは、しっとり柔らかな仕上がり。付け合わせのじゃが芋と椎茸には香ばしいガーリックバターを添えて、オーブンでじっくりローストしています。
 

横浜十日市場・佐藤農園さんのはるみ米と黒米を使ったサフラン風味の炊き込みライス、「茸類とベーコンのシチュー仕立て」が一皿になっています。
 

冷製の付け合わせは、アラカルトAと同じ、「フジーリ(パスタ)のラタトイユ風ソース 数種類野菜のエチュベ とうもろこしの冷製スープ掛け」。
 

商品名:アラカルトB「地養鳥もも肉のコンフィ じゃが芋のローストと椎茸のブルギニョン風」
価格:税込2500円

 

「霧笛楼の味を、お持ち帰り『アラカルト料理』として表現いたしました。一皿の中で、メイン料理とソースにもなる相性の良い煮込み料理が出来上がり、別途付け合わせとして、ひとつの容器に横浜野菜も使用した『温野菜の常温スープ&サラダ風』と季節野菜の『ラタトイユのソース仕立て』を盛り付け、まるで『ミニ横濱フレンチ・メニュー』のようになりました。ぜひご家庭でもお楽しみください」(統括総料理長・今平さん、総料理長 高田さん)

 

上記2つの夏限定メニューのほか、ランチタイム限定・数量限定で、カフェ・ネクストドアでも人気のオリジナルメニュー「横濱フランスカレー(税込1500円)」も用意されています。

 

前営業日19:30までに予約を

すべてのテイクアウトメニューは事前予約が必要となりますので、前営業日の19:30までに電話予約(045-681-2926)を。8月は月曜・木曜不定休となっていますので、公式サイトにて営業日をご確認ください。
 

受け取り可能時間:ランチタイム13:00~15:00、ディナータイム17:30~19:30 ※火曜・金曜、その他休日明けはディナータイムのみ
 

※仕入れ状況により食材メニューが一部変更となる場合もあります

・URL:https://www.mutekiro.com/


【おすすめ記事】

霧笛楼&山手十番館…老舗横浜フレンチがリニューアル

朝ドラ「まれ」横浜編で希が食べ歩いたケーキ屋はここ!ロケ地巡り

人気の横浜土産スイーツは?横浜駅近ショップ売り上げベスト10

横浜・元町の小さなパン屋さんおすすめ5選! 行列の絶えない人気店も

サクサク食感がたまらない!横浜・元町のチョコブランドが手掛けるココナッツサブレ


 

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    東京は“日本一貧しい”街。それでも地元に帰らず「家賃9万円」のために働く元タレント・32歳女性の今

  • 世界を知れば日本が見える

    トラブル続きの「ブッキングドットコム」。大規模クレカ被害はなぜ起きた? 利用者ができる「対策」とは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    グリーン車の利用価値は上がる? 東海道新幹線で「モバイルオーダーサービス」を使ってみた

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『翔んで埼玉』続編はなぜこんなに笑えるのか。埼玉県民、滋賀県民の熱狂を生んだ「発明」とは