コロナショック前後で貯金が増えたのは世帯年収「400万円以下」?「1000万円以上」? コロナ禍における金融の価値観調査

20~60代の男女2000名を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前と現在の金融サービスの利用状況の変化を調査。全体では、コロナショック前と比べて「貯金額」などの変化や資産形成に取り組む若年層が増えていることなどが明らかになりました。

金融サービス利用増減の理由は「コロナショックによる収入の変化」

金融資産商品への投資額の増減理由
「金融資産商品への投資額」の増減理由の1位は「コロナショックによる収入の変化」。次いで「コロナショックによる意識や考え方の変化」、「コロナショックによる資産価値の変化」などが僅差で続きました。
貯金額の増減理由
「貯金額」の増減理由でもやはり「コロナショックによる収入の変化」が、他の理由より高い割合で1位でした。

>記事に戻る

【おすすめ記事】
貯金100万円! 貯まったらどこに預けるのが有利?
今のうちに買いたい!2021年8月優待銘柄
iDeCoが損になる5パターン【専門家が動画・音声で解説!】
つみたてNISAとiDeCoどっちが得か調べてみた

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」