かつやの「全力おかず盛り」がすごい…! カツ、唐揚げたっぷりで「ごはん、入りませんでした」

とんかつ専門店「かつや」から、テイクアウト限定のメニューが販売されることになりました。また「からあげ縁-YUKARI-」や「からやま」など他の運営ブランドでも、お持ち帰り限定メニューが登場しています。

アークランドサービスホールディングスが展開するとんかつ専門店「かつや」は7月21日、テイクアウト限定のメニューを発売しました。その名も「全力おかず盛り」。また「からあげ縁-YUKARI-」や「からやま」など他の運営ブランドでも、お持ち帰り限定メニューが登場しています。在宅時に活躍しそうな、ボリュームたっぷりのメニュー。早速見ていきましょう。
 

おかずが多すぎてごはんが入らない!「かつや」の「全力おかず盛り」

かつやの「全力おかず盛り」(画像はすべてアークランドサービスホールディングスのプレスリリースより。以下同じ)

ロースカツ、メンチカツ、海老フライ、から揚げがセットになっているのが「かつや」の「全力おかず盛り」です。1人前なのにおかずが多すぎて、ごはんを入れることができなかったそう。販売期間は7月21日~8月26日。一部店舗を除く国内の「かつや」で購入できます。価格は745円(税込、以下同)。
 

「カニ」が食べられる「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)」のボリュームたっぷりメニュー

手づかみシーフードレストラン「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)」は、3つのテイクアウトメニューを販売中。
 
「ダンシングマイボウル 」

「ダンシングマイボウル」は、カニのほぐし身をたっぷり使ったクラブケーキと、同店名物のシーフードコンボ、そしてビックパスタがセットになったメニュー。これだけのボリュームで、価格は1280円。
 
「手づかみスナックセット」

「手づかみスナックセット」は、カニの身が詰まったクラブケーキ、ガーリックシュリンプ、ケイジャンポテト、バッファローチキン、ガーリックトーストが入っています。「ザ・おつまみ」といえる組み合わせで、おうち時間が楽しくなりそう。価格は1280円。
 
「手づかみパーティーバスケット」

複数人で食べるならば、「手づかみパーティーバスケット」がおすすめ。2人前で、カニ、エビ、ムール貝、ベーコン、ブロッコリー、ニンジン、ポテトが入った「手づかみシーフードバッグ」やスパイシーフライドチキン、ガーリックトースト、野菜のソテー、紙製カニカチューシャ、紙製フォトプロップス(各1個)、エプロン2枚、テーブルシートが入っている遊び心あるセットです。価格は5400円。

3つのメニューはすべて、国内の「DANCING CRAB」で購入できます。
 

からあげ専門店「からやま」「からあげ縁-YUKARI-」のお得なボックス

「ペーパーチキンライスとからあげBOX」
からあげ専門店の「からやま」は、ペーパーチキンライス(オイスターソース)3本、ペーパーチキンライス(辛味噌)3本(2種のタレ付き)、そして「カリっともも」が12個入ったセット「ペーパーチキンライスとからあげBOX」を発売中。販売期間は7月21日~8月8日で、一部店舗を除く国内の「からやま」で購入できます。価格は2592円。
 
「お得な2種のからあげBOX」

同じくからあげ専門店「からあげ縁-YUKARI-」は、「カリっともも」と「赤カリからあげ」が各12個入った「お得な2種のからあげBOX」(2種のタレ付き)を発売中。販売期間は7月21日~8月26日で、一部店舗を除く国内の「からあげ縁-YUKARI-」で購入できます。価格は2592円。
 

カツや唐揚げなど、おかずだけではなくおつまみにもなるメニューがテイクアウトでお得に買えます。限定商品のため、気になる方は早めにテイクアウトしてくださいね。


【おすすめ記事】
丸亀製麺、おかず7種入りの「丸亀こどもうどん弁当」を7月21日に発売! 大人も買える
「かつや」が本格タイ料理店とコラボ! スパイシーな「鶏ガパオチキンカツ丼」など2種を期間限定発売
「松のや」が「本格唐揚げ」を新発売! ネット予約をすると30%のポイント還元に
はなまる、から揚げ専門店「鶏千」の新しい定食・弁当を発売! 100円引きのキャンペーンも


【関連リンク】
プレスリリース
 


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない