「こんな名字になりたい!」と思ったことはありますか?

実生活はもちろん、マンガやアニメなどでも様々な名字に出会う中で、誰でも一度は考えたことがあるはず。

オールアバウトは6月26日~7月9日の期間、全国10~60代の男女401人を対象にインターネット上で「名字に関するアンケート」を実施!「自分がなりたいと思ったことのある名字」ランキングを発表します。

※本記事で紹介する名字の解説は、「名字由来net」より記載しています。
 

1位「佐藤」

なんと、栄えある1位は「佐藤」でした。名字由来netによると、日本で最も多い名字で人数はおよそ186万2000人。


投票した人からは「一般的でハンコを作るのに苦労しなさそう」「読み間違えがない」「ありふれた苗字のほうが生活しやすそう」などのコメントが集まりました。


比較的珍しい名字の人たちが、日常生活に不便を感じて一般的な名字を望むことが多かったために、最もありふれた「佐藤」がなりたい名字の1位になるという意外な結果になりました。

 

同率2位「鈴木」


同率2位は「鈴木」。全国順位は佐藤に次ぐ2位で、人数はおよそ179万1000人。


こちらも「普通に沢山いる名字になりたかった」「一般的で目立たないため」などの声が寄せられました。一般的な名字を望む人が「佐藤」に次いで候補に上げるのが「鈴木」のようです。

 

同率2位「田中」


同じく同率2位は「田中」。全国順位は4位で、人数はおよそ133万人。


「説明しやすい、誰にでもすぐに通じる」「病院などでも名字を間違われることはないので気楽」などのコメントが集まりました。


また「漢字で書きやすいから」という画数の少なさを推す声も。そこが全国順位3位の「高橋」に勝った要因かもしれません。


意外な結果となったトップ3。あなたのなりたい名字はランクインしていましたか? 次のページでは、4位以降のランキングもご紹介します!