あきんどスシローは、7月29日に都市型店舗「スシロー八重洲地下街店」をオープンします。東京駅に直結する八重洲地下街の外堀地下1番通りに位置する同店舗は、同社として初めてとなる回転すし店「スシロー」と、テイクアウト専門店「スシロー To Go」を併設したハイブリッド店舗となります。
 

スシロー初のハイブリッド店舗

スシロー八重洲地下街店イメージ


スシロー30店舗目の都市型店舗となるスシロー八重洲地下街店は、全183席。来店時に受付システムでチェックインすると自動アナウンスで席を指定・案内する「自動案内」の設置のほか、注文した商品が専用レーンで直接席まで届く「Auto Waiter(オートウェイター)」といった最新の設備が導入されています。
 
テイクアウト専門店「スシロー To Go」を併設


また、テイクアウト事業として展開するスシロー To Goでは、注文した商品を持ち帰るための「自動土産ロッカー」を店舗の入り口と別に設置することで、店内で飲食をする方との動線が分けられ、利用客の利便性にもつながっています。
 

営業時間は11~23時(土休日は10時30分開店、ラストオーダー22時30分)の予定。


【おすすめ記事】
スシローが渋谷をジャック⁉ 「スシロー 渋谷駅前店」が6月10日オープン!
回らないスシロー、横浜にオープン!新業態「スシローコノミ」とは
外食でお寿司によくお金を使う街ランキング!  3位は ”海なし県” の…
スタバ運営「プリンチ」の新作マリトッツォ実食レポ! マリトッツォがこんなに夏にぴったりのスイーツだったなんて…


【関連リンク】
プレスリリース