これが本当の"カプセルホテル"? 解体予定の中銀カプセルタワービルを宿泊施設に再活用

メタボリズム思想の建物として国内外問わず人気が高く、解体が予定されている中銀カプセルタワービルの保存・再生プロジェクトが始動。美術館展示や宿泊施設に「再活用」されます。

メタボリズム思想の代表的建物がついに解体へ

解体が予定されている中銀カプセルタワービル(内観)

 

解体が予定されている中銀カプセルタワービル(外観)


 

美術館展示に再活用! 宿泊施設として「泊まれるカプセル」も

1972年竣工当時のオリジナルの内装を残したカプセル

 

再生したカプセルの一部は国内外の美術館に寄贈(写真は埼玉県立近代美術館に展示されている竣工当時のモデルルームカプセル)

 

宿泊施設としても再活用の予定(写真は2018年から実施しているお試し宿泊の利用例)


>記事に戻る

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない