コロナ禍で「検討したが転職をしなかった理由」 2位「最終的な決め手に欠けた」、1位は…?

リファラルが実施した「コロナ禍の転職意向調査」によると、新型コロナの影響下で転職意向があったのは全体の約8割だが実際に転職したのは全体の1割程度。理由には「転職活動には時間と手間がかかる」や「入社後の仕事へのイメージがつかない」など。

「転職をしなかった理由」


>記事に戻る



【おすすめ記事】
転職活動は「働きながら」と「辞めてから」どっちがいい?
転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング!
転職活動がバレた理由ランキング! 2位「一部の人に打ち明けたら広まった」、1位は?
転職先の「決め手」ランキング! 収入・休日・福利厚生を抜いた1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望