一番不快な害虫ランキング! 2位は「ムカデ・ヤスデ」、圧倒的1位はやっぱり……遭遇した場所や効果を感じた害虫対策!

夏本番を前にして、活発に動き出し視界に入り始める蚊、ハエ、口に出すのも恐ろしいあの虫など……。日本在住の20歳以上の男女984名を対象に実施した調査により、一番不快に思う害虫と、実際に効果を感じた「自宅の害虫対策」ランキングを発表します!

ジメジメとした梅雨から夏本番を前にして、活発に動き出し視界に入り始める蚊、ハエ、口に出すのも恐ろしいあの虫など……。FLIE(フリエ)は6月24日、害虫に対する不快感や実際に行っている「自宅の害虫対策」などについての調査結果を発表しました。調査は、日本在住の20歳以上の男女984名を対象に、2021年6月10~15日の期間でインターネットにより実施しました。
 

一番不快な害虫ランキングTOP5! 1位はやっぱり……「G」!

一番不快な害虫ランキングTOP5!(フリエ住まい総研)
害虫の代表格「ゴキブリ」が過半数の57.5%を獲得し、圧倒的1位。2位の「ムカデ・ヤスデ」も17.8%と高い割合を占め、多足類の独特な見た目を不快に思う人も多いことがうかがえます。3位以降は1桁台の割合で大きな差は見られず、人それぞれで、多くの苦手な虫の種類があることがわかりました。
 

自宅内で害虫と遭遇した場所ランキング! あらゆる場所に現れる?

自宅内で害虫と遭遇した場所ランキング(フリエ住まい総研)
害虫と遭遇した自宅内の場所で最も多かったのは「キッチン」。水回りであることや、食材などのゴミが溜まりやすいことから、虫が寄り付きやすい要チェックの場所になっています。2位は1位と僅差で「リビング」。3位は虫の侵入先である「玄関」でした。「その他」の中には、「洗面所」「押し入れの中」「階段」「廊下」などの場所が挙げられました。

家のどこに潜んでいるのかわかりにくく、一度見つけてしまったら自宅の居心地を大きく変えてしまう存在感。そんな「害虫」とお別れできる対策はあるのでしょうか?
 

実際に効果を感じた、自宅での「害虫対策」ランキング! 

実際に効果を感じた、自宅での「害虫対策」(フリエ住まい総研)
実際に効果が感じられた「害虫対策」は、「防虫グッズの使用(燻煙・液体揮散型)(71.0%)」が1位、2位は「防虫グッズの使用(スプレー)(70.4%)」と、害虫対策として定番のグッズがTOP2を獲得しました。

3位に「通気口・換気扇からの侵入経路を塞ぐ(55.4%)」、5位に「エアコンからの侵入経路を塞ぐ(48.6%)」、8位「網戸の交換・補強(35.9%)」とあるように、“侵入経路を塞ぐ”ことで効果を感じている人も多いようです。

【おすすめ記事】
カインズの「虫対策アイテム」がおしゃれで可愛い! 効果があってコスパがいいのはこれ!
このゴキブリ・蚊・コバエ、どこからきたの? 意外な虫の侵入経路
一人暮らし向け・ゴキブリなどの虫退治、駆除、対策
お風呂のチョウバエを退治するには? 駆除方法・排水溝掃除

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • \海外から眺めてみたら/ 不思議大国ジャパン

    食器洗いはすすぎゼロ、髪を洗うのは「週1でいい」……日本人が絶句するヨーロッパの汚(?)習慣

  • 意外と知らないグルメのひみつ

    【何食べ】シロさんのビーフシチュー・サラダ・明太子ディップを作ってみたら、クリスマスに最適すぎた

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2023年の冬は「本気で怖いホラー映画」が多数公開! トラウマ級の“余韻”を残す名作を厳選してみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「義務教育は無償」なはずでは? 保護者から徴収したPTA会費で「学校に物品寄贈」の問題点