ペッパーランチで最大500円分のクーポンがもらえる!「アプリ新規登録キャンペーン」開催中

ホットパレットが運営する「ペッパーランチ」が、「アプリ新規登録キャンペーン」を開催しています。ペッパーランチ公式アプリに新規登録すると、もれなく人気メニュー5品に使えるお得なクーポンがもらえるこのキャンペーン、8月1日まで開催していますよ!

アプリ新規登録キャンペーン(画像はすべてホットパレットのプレスリリースより)


ホットパレットが運営する「ペッパーランチ」が、「アプリ新規登録キャンペーン」を開催しています。ペッパーランチ公式アプリに新規登録すると、もれなく人気メニュー5品に使えるお得なクーポンがもらえるこのキャンペーン、8月1日まで開催していますよ!
 

キャンペーン参加方法は?

ペッパーランチ公式アプリをダウンロードして、新規登録をします。登録が完了した翌日以降、アプリ内のクーポン一覧に、ペッパーランチの5つの人気メニューが各100円引きになるクーポンが配信されます。クーポンの利用期間は、8月31日まで。
 

ペッパーランチの人気メニュー5つ

割引クーポンの対象になる、5つの人気メニューはこちらです。
 

人気No.1!「お肉たっぷりビーフペッパーライス(Mサイズ)」

「お肉たっぷりビーフペッパーライス(Mサイズ)」

ペッパーランチで人気No.1の看板メニュー。ペッパーライスには、挽き立てのブラックペッパーと特製のペッパーペーストが使われています。熱々の鉄皿で肉と混ぜ合わせながら食べると、うまみが増してより一層ペッパーの味を楽しめます。価格は990円ですが、クーポンを使うと100円引きです(価格はすべて税込、以下同)。
 

ボリュームたっぷりの「ワイルドジューシーステーキ(200g)」

「ワイルドジューシーステーキ(200g)」

食べ応えがある、ジューシーなステーキ。使われている肉は、アメリカの最高技術で育ったこだわりのアンガス牛。徹底した品質管理がされていて、毎日店で手切りをしているものです。価格は1240円(ライス付)、1140円(ライスなし)で、クーポンを使うと100円引きになります。
 

ビーフ100%「肉塊ハンバーグ(200g)」

「肉塊ハンバーグ(200g)」


100%ビーフの本格ハンバーグで、粗挽きと細挽きの2種類の肉が使用。和牛脂やフランス産の岩塩を加えることで、深い味わいとなっています。価格は1020円(ライス付)、920円(ライスなし)で、クーポン使用で100円引きです。

 

期間限定メニュー!「イタリアントマトバジルペッパーライス」

「イタリアントマトバジルペッパーライス」

トマトの旨味が詰まったセミドライトマトのオリーブ漬けが使われていて、厚切りのベーコンとバジルソースとの相性がバッチリ。夏の期間限定メニューです。価格は990円ですが、クーポン使用で100円引きです。

 

欲張りさんにはこれ!「わくわくミドル」

「わくわくミドル」


ステーキやハンバーグ、そして目玉焼きや野菜などが1つのお皿に盛り付けられているぜいたくなメニューです。ちょっとずついろいろ食べたいのであれば、「わくわくミドル」がオススメ。価格は1250円(ライス付)、1150円(ライスなし)で、100円引きのクーポンが使えます。
 

100円引きのクーポンは各メニュー1回まで使えて、他の割引やクーポンとの併用はできません。またペッパーランチハウステンボス店やホットパレットの他のブランドの店舗では使えないのでご注意を。
 

ペッパーランチはボリュームたっぷりでワイルドなメニューが人気のレストランです。アプリに新規会員登録するだけで最大500円の割引クーポンがもらえるのは、とてもお得ではないでしょうか。


【おすすめ記事】
松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」が復活! ライス大盛りの無料サービスも
とんかつ専門店「かつや」の全力応援祭スタート! カツ丼、おろしかつ定食など4品が150円引
サイゼリヤが夏のグランドメニューを改定! ハンバーグ、デザートも刷新で期待が高まる…!
夏のPayPay祭開催! ネットショッピングや食事で最大5%還元など、お得な1カ月


【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない