マリトッツォの次に来る⁉ フルーツサンドを超える「萌え断」、罪悪感なしの完璧スイーツ「ズコット」とは

スイーツ界の人気を独占中の「マリトッツォ」の次にくるのはこのスイーツ⁉ マリトッツォと同じイタリア生まれ、かつフルーツサンドを超える「萌え断」なだけでなく、全方位が映えるスイーツ、「ズコット」! 今回はこの「ズコット」の魅力に迫ります。

スイーツ界の人気を独占中の「マリトッツォ」の次に来るのはこのスイーツ⁉ マリトッツォと同じイタリア生まれ、かつフルーツサンドを超える「萌え断」なだけでなく、全方位が映えるスイーツ、「ズコット」! 今回はこの「ズコット」の魅力に迫ります。
 

『果実園』の最高に贅沢なズコット3種!

右は「いちごレアチーズズコット」、中央「3ベリーズコット」、左は「いちごズコット」

今回は、見た目も味わいも最高に贅沢な「ズコット」を用意。季節ごとの美味しいフルーツと、そのフルーツをたっぷりと堪能できるケーキやパフェでおなじみの『果実園 東京店』のズコットです。右は「いちごレアチーズズコット」(税込1420円)、中央は「3ベリーズコット」(税込1520円)、左は「いちごズコット」(税込1420円)。
色鮮やかで華やかな見た目に圧倒されます……!

まずは、ひと目で心を奪われるこの見た目! 色鮮やかでボリュームもあり、1つでも見とれてしまいますが、3種類も並ぶと圧巻です!
 

マリトッツォと同じイタリア生まれ! 「ズコット」とは?

イタリア・ミラノ発祥の「マリトッツォ」に対して、イタリア・トスカーナ地方発祥の「ズコット」は、ルネサンス期に生まれた600年以上もの歴史を持つ伝統的なスイーツ。ホールだとドーム型の特徴的な形は、カトリックの神父が被っている「ズッケット」と呼ばれる帽子をイメージして作られたとも。
 

また、15~16世紀の兵士のドーム型の金属製兜「ズッコット」が由来ともいわれています。どちらにしても、伝統あるスイーツであることがうかがえます。

アレンジが多様な「ズコット」。いろいろなズコットを食べてみたい!

そもそも、スポンジケーキの中に、セミフレッドやナッツなどを混ぜ込んだリコッタクリームを詰めているものが伝統的な「ズコット」だそう。現代のズコットは、スポンジの中にクリームやアイス、ムースを詰めて冷やしたものが多く、アレンジが多様な点もポイントです。
 

フルーツサンドを超える「萌え断」はズコット最大の魅力!

ズコットは「萌え断」だけじゃない! 全方位が映えるスイーツ

高さ12センチほどもあるボリュームで、絶対一人では食べられないだろうと思うのですが……、断面を見てお気付きのように、薄めのスポンジ生地は表面と底面のみ。中はほぼフルーツがぎっしりと占めていて、隙間を生クリームが埋めている感じです。


◆「いちごズコット」(税込1420円)
フルーツそのものを食べているようなジューシーさ

まず、さすが『果実園』のフルーツなだけあって、いちごが甘くてジューシー。とても美味しい! クリームはフルーツの美味しさを引き立てるよう作られているのか、甘さ控えめであっさり。スポンジ生地も同様に甘さ控えめで口どけがよく、フルーツの存在感を最大限に引き立てます。見た目のボリュームとは裏腹に、ほぼフルーツを食べているよう……。メインに感じるのはフルーツのみずみずしさで、ずっしりとした重さや罪悪感を感じません。


◆「3ベリーズコット」(税込1520円)
いちご、ブルーベリー、ラズベリーの3種類のベリーがぎっしり「3ベリーズコット」

「3ベリーズコット」は、いちご、ブルーベリー、ラズベリーの3種類のベリーの甘酸っぱさが感じられる贅沢なズコット。


◆「いちごレアチーズズコット」(税込1420円)
見た目も甘さも優しい、淡いピンクの「いちごレアチーズズコット」


淡いピンクが可愛い「いちごレアチーズズコット」は、いちごのみずみずしさに、控えめなレアチーズの風味を感じる優しい味わいです。
 

「萌え断」だけでなく、全方位映える見た目。それだけでなく、季節のフルーツの美味しさをたっぷりと堪能できる罪悪感なしの完璧なスイーツ。「ズコット」こそ「マリトッツォ」に続くスイーツなのかもしれません! 色々な表情の「ズコット」が街中で見られる日が来ることを願いつつ……季節のフルーツを堪能できる、『果実園』の次のズコットが楽しみです。


【おすすめ記事】
缶の中にケーキ⁉ リゾッテリア ガク渋谷の“ショートケーキ缶”はどこで買える?
コンビニ「マリトッツォ」3種食べ比べ! セブン、ファミマ、ローソン100
今大人気の「マリトッツォ」って、本当に美味しいの? 競合スイーツ3種を食べ比べ
カルディで発見! まるで餅のような皮の「モスクワ大福」は食べ応えに大満足

【関連リンク】
果実園
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」