カルディ、「スタッキングマグカップ」と「ホーロードリップケトル」が定番商品で再登場

カルディコーヒーファームは、2021年2月に発売した「オリジナル スタッキングマグカップ」770円(税込)の好評を受け、6月25日(金)から「オリジナル ホーロードリップケトル」3000円(税込)とともに定番商品として再発売します。

カルディコーヒーファームは、2021年2月に発売した「オリジナル スタッキングマグカップ」770円(税込)の好評を受け、6月25日から定番商品として再発売します。あわせて、「オリジナル ホーロードリップケトル」3000円(税込)も定番商品となって再登場し、同日に発売を開始します。
 

普段のコーヒータイムに寄り添うオリジナルマグカップ

美濃焼陶器ならではの深みのある質感と、色味が使い心地のよさを感じさせるスタッキングマグカップ。薄口で口当たりが良く、口径も広すぎないので飲料が冷めにくいサイズになっています。カフェカルディドリップコーヒーシリーズも、ぴったりとセットできます。
 
カフェカルディドリップコーヒーシリーズがぴったりとセットできるサイズ

カップの底面は、ひとつひとつ手作業でロウ引き(撥水巻)をし、あえて釉薬(ゆうやく)をかけずに赤土の風合いを生かしたデザインに仕上がっています。「MADE IN JAPAN」の印字と、さり気なく入ったシルエットデザインのヤギべえがアクセントに。
 
カップの底面にもこだわりが詰まっています

カラーバリエーションは、コーヒーにちなんだ絶妙な色味と質感を表現した「ラテホワイト」と「コーヒーブラック」の2色。重ねて収納できるため、場所をとらないのはもちろん、食器棚からまとめて取り出せるのも、普段使いにぴったりなポイントです。
 
重ねて収納できるスタッキングタイプ


 

充実したコーヒーライフをサポートするオリジナルケトル

コーヒーの美味しさをより引き出すために、細口にこだわったドリップケトル。湯量をコントロールできるため、丁寧にじっくりとコーヒーを抽出できます。満水容量1Lで、少量のコーヒーをドリップすることはもちろん、数杯分をまとめて淹れたい時にもちょうど良いサイズ感です。
 
細口のため、一定量のお湯をゆっくり注ぐことができます

直火にかけてお湯を沸かし、そのままコーヒーを淹れることもできます。※ケトルは熱すると持ち手やフタが高温になるため、必ずミトンを使用のこと。
 
そのままお湯を沸かしてドリップも可能です

ホーロー製のケトルは、金属がもつ強度や熱伝導の良さと、ガラスがもつ耐食性や保温性に優れているほか、汚れや臭いが付きにくいため、日常使いに最適です。
 
普段使いにぴったり

フタには、注ぐ際に落ちにくいようストッパーとなるツメが設けられています。ツメを持ち手側に合わせてフタをすれば、外れることなくドリップすることが可能です。
 
フタにはストッパー付き

美しい光沢があるオフホワイトのカラーとぽってりとしたシルエットに、底面には“コーヒーのある生活を楽しもう!”という「ENJOY YOUR LIFE WITH COFFEE」のメッセージ入り。
 
底面には「ENJOY YOUR LIFE WITH COFFEE」のスタンプ


【おすすめ記事】
スタバ、47都道府県の「47JIMOTOフラペチーノ」を期間限定で発売! 6月30日から
マクドナルドが日本上陸50周年! 人気商品や懐かしいキャラのデザインTシャツを発売
カルディでも人気!世にもおいしいチョコブラウニーの濃厚さがすごい
成城石井がスパイスを主役にした「クラフトコーラ」を発売! おすすめアレンジレシピも

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応