毎年200万食以上を売り上げるモスの「クリームチーズテリヤキ」はなぜそんなに人気なのか?

モスバーガーのハンバーガーの中で、毎年人気になるのが「クリームチーズテリヤキ」です。発売すると200万食以上を売り上げるという、期間限定バーガーの中でも根強いファンを抱えている商品と言えるでしょう。レタスがおいしい時期に限定で発売されるのですが、今年もその季節がやってきたようです。毎年200万食以上を売り上げるモスバーガーの「クリームチーズテリヤキ」。今年も復活です!

モスバーガーのクリームチーズテリヤキ(筆者撮影)

レタスが美味しい時期、モスバーガーから毎年発売される「クリームチーズテリヤキ」。発売すると毎年200万食以上を売り上げるほど、大人気の商品です。そんな期間限定バーガーの中でも根強いファンを抱えているクリームチーズテリヤキが、2021年も発売になりました!
 

6月17日から限定販売「クリームチーズテリヤキ」

数量限定販売(筆者撮影)

クリームチーズテリヤキは、一部の店舗では先行販売をしていたようですが、筆者の近くのお店では17日から販売されました。数量限定とはいえ、さすがに発売開始の日にはなくならないだろうと思ったのですが、念のため店舗に確認。取り扱いがあるということで予約をしました。
 

レタスがはみ出てる!

レタスが……(筆者撮影)


クリームチーズテリヤキは、レタスがとてもおいしい時期に期間限定で販売されるバーガーです。ということは、レタスにもかなりこだわりがあるのでしょう。実際クリームチーズテリヤキを見ると、はみ出るくらい大きなレタスがサンドされていました。もちろんシャキシャキ食感。
 

クリームチーズがたっぷり

たっぷりクリームチーズ(筆者撮影)


実際のところ、クリームチーズはどのくらい使われているのだろうという素朴な疑問がありました。そこで、上の部分をひっくり返したところ……。
 

一瞬マヨネーズかと思ったのですが、これがモスバーガー特製のクリームチーズです。使われているのは、オーストラリア産と国産などをミックスしたナチュラルチーズ。これに、クリームチーズの酸味とカマンベールパウダーのコクが加わっています。このままフランスパンにつけて食べたい! と思うほどです。
 

テリヤキのソースはさっぱりめ

半分にカット(筆者撮影)


パーティー(肉)に絡めてあるテリヤキソースは、醤油と味噌(赤味噌と白味噌)が使わたクリームチーズテリヤキに合わせたオリジナルのソースです。味はさっぱりしている印象。原材料に醤油と味噌が使われているので、少し和風です。このソースが、コクがあって濃厚な味わいのクリームチーズと非常にマッチします。
 

200万食以上売り上げる理由が分かった

売れる理由に納得(筆者撮影)


実際に食べてみると、テリヤキソースとクリームチーズの相性はびっくりするほど良いことがわかります。発売すると200万食以上を売り上げる、その理由がはっきりわかります。また食べたい!そう思ってしまうのです。
 

クリームチーズテリヤキは、数量限定の商品で1個あたり 410円(テイクアウトの場合)。今回筆者は通常のクリームチーズテリヤキを食べたのですが、他にもパティを2枚にした「クリームチーズダブルテリヤキ」や、パティ(肉)の代わりに、ソイパティ(大豆由来の植物性たんぱく)を使用した「ソイクリームチーズテリヤキ」も販売しています。
 

気になる人はぜひ売り切れになる前に食べてみてください!


【おすすめ記事】
モスの新商品は高級食パン! その美味しさを発売前に感じる裏ワザ
モスバーガーが総額表示で価格改定、一部商品で値上げの理由は?
モスの刺客!新商品マッケンチーズはマック超定番メニューを倒せるか
「ほっともっと」のうな重・Wうな重、事前予約で100円引き!土用の丑の日3日間限定のお得価格

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」