21卒の新社会人「すでに退職を検討」が50%超!その理由「やりがい」「給料が安い」を上回った第1位は……?

日本労働調査組合による2021年卒新社会人へのアンケートによると、入社後に退職を検討していたのは50.6%。入社した会社で働き続ける場合の懸念については「人間関係」が第1位となりました。仮に退職をする場合「転職できるか」「収入不安」が懸念点という結果に。

日本労働調査組合は、全国18~23歳の2021年卒新社会人である男女472人を対象に、5月21~24日にかけてインターネットを通して新社会人の勤務意識に関するアンケートを行いました。
 

入社後に退職を検討したことがある人は半数超えの50.6%!

入社後に退職を検討したことが「ある」は50.6%
入社後に退職を検討したことが「ある」は50.6%

入社後に退職を検討したことがあるかという質問に対して「ある」が50.6%、「ない」が49.4%でした。4月の緊急事態宣言解除後に行った退職動機に関するアンケートでは、「退職を検討したことがある」が44.0%でしたが、1ヶ月で6.6%増えており、緊急事態宣言が続く中で新社会人が将来に不安を感じている様子がうかがえます。
 
男女別にみると、「ある」のうち男性が54.9%、女性が48.4%、「ない」のうち男性が45.1%、女性が51.6%でした。大きな差はないものの、退職意向は女性より男性の方が若干高くなっています。
 

入社した会社で働き続ける場合の懸念や不安、第1位は「人間関係」

入社した会社で働き続ける場合の懸念や不安の第1位は「人間関係」
入社した会社で働き続ける場合の懸念や不安の第1位は「人間関係」

入社した会社で働き続ける場合の懸念や不安は何かという質問では、第1位が「人間関係」で22.0%、第2位が「給料が安い」で17.0%、第3位が「やりがい」で8.2%でした。
 
常に退職動機の理由の上位にくる人間関係や給料関係の次に「やりがい」が続くあたりは、新社会人らしさが感じられます。業務の目的や必要性を理解して臨むことが、前向きに働くためのポイントでしょう。
 

仮に退職する場合の懸念や不安、「転職できるか」が第1位に

仮に退職する場合の懸念や不安は「転職できるか」が最も多い
仮に退職する場合の懸念や不安は「転職できるか」が最も多い

仮に退職する場合の懸念や不安に対する質問では、「転職できるか」が43.6%と最も多く、次いで「収入不安」が19.0%、「人間関係」が8.6%と続きました。コロナの影響で厳しい就職活動を経験し、今でも続くコロナ禍での転職を不安視していることが分かります。
 
入社した会社で働くことのメリットに関する質問では、「自身の成長」が18.7%、と第1位にランクイン。第2位は「給料がいい」で12.4%、第3位は「人間関係が良好」で11.5%と続きました。新社会人が給料の高さより自身の成長を重要視していることがうかがえます。

反対に入社した会社で働くことのデメリットについては、第1位が「給料が安い」で13.9%でした。次いで「長時間労働」8.6%、「人間関係」7.5%となり、働き方や給与に対する価値観が変化してきていると考えられます。

【おすすめ記事】
転職で役立った資格ランキング! 3位「TOEIC」、2位「運転免許」、2位以下に差をつけた圧倒的1位は?
転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング!
転職活動は「働きながら」と「辞めてから」どっちがいい?
2回目以降の転職は不利? デメリット2位「長続きしないと思われる」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは