Googleが無線イヤホンの廉価版「Pixel Buds A-Series」を発表! 価格は99ドル

Googleの人気の左右独立無線イヤホン「Pixel Buds」に廉価版「Pixel Buds A-Series」が登場。必要最低限の機能を備え本体とケースのサイズは同じで価格は約半分の1万1000円。Androidスマホとも相性ぴったりでカジュアル層におすすめのイヤホンです。

2020年夏にBluetoothイヤホン「Pixel Buds」を発売したGoogleが6月3日(現地時間)、新たに「Pixel Buds A-Series」を発表。現行モデルのPixel Budsは国内でも人気カテゴリに位置する左右独立タイプの無線イヤホンで、Androidスマホとの相性も抜群です。Pixel Buds A-Seriesは一部機能をなくした代わりに価格を約半分の99ドル(約1万800円)までおさえたモデルとなっています。
 

必要最低限の機能をしっかり備えた廉価版「Pixel Buds」

まずはPixel Buds A-Seriesの基本スペックを紹介します。イヤホン本体は20.7×29.3×17.5mm、ケースは63×47×25mm、バッテリーはイヤホン単体で最長5時間、ケース併用時は最長24時間、ケースに入れて15分で最長3時間の充電機能を備えています。イヤホン本体には防滴機能とパッシブノイズリダクション機能付きです。
 

PixelBudsASeries
シンプルな左右独立タイプのイヤホン(画像は公式オンラインストアより)


Pixel Budsと比較すると、イヤホン本体のサイズが若干大きく、ケースサイズは同じ、バッテリーも同容量です。ほかにもPixel Buds A-Seriesはケースの無線充電機能と防滴機能、イヤホン本体のウインドノイズ低減機能、スワイプによる音量調整機能などが未実装のようです。カラーはClearly WhiteとDark Oliveの2色展開となっています。
 

カジュアル層にもおすすめの仕上がり

定価2万円のPixel Budsと比較すると、程よくダウングレードされている印象。本体サイズやバッテリー容量をほぼ同じにとどめてくれた点は評価したいところです。価格が約半分と考えると、そのほかの無線充電機能やスワイプ機能などがない点はそこまで気にならないかもしれません。必要最低限の機能は十分備えています。
 

PixelBudsとASeries
Pixel BudsとA-Series(画像は公式オンラインストアより)


リモートワークやフィットネス、巣篭もり需要などに後押しされ一気にユーザーが増えたBluetoothイヤホン。価格をぐっと抑えた「Pixel Buds A-Series」は、お試しやカジュアル層にもおすすめできる仕上がりとなっています。購入を検討していた方は要注目です。
 

価格は99米ドルで17日発売(米国)、日本でも公式オンラインストアでウェイトリストへの登録受付が開始されています。



【おすすめ記事】
ダイソーのワイヤレスイヤホンは1100円とは思えない音質と使い心地
2021年こそ買いたい! 高音質&コスパ抜群のワイヤレスイヤホンおすすめ5選
iPhoneユーザー「AirTag」への関心度47.7%のうち、購入意欲があるのは?
「楽天カード」が2枚目発行可能に。非接触需要増やキャッシュレス化へ対応強化


【関連リンク】
Google公式オンラインストア

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」