コロナ禍で収入が減った女性は4割以上。講じた対応策の圧倒的1位とは?

キャリアデザインセンターが運営する『Woman type』は、20~39歳の女性127名を対象にお金と仕事に関する調査を実施しました。その結果、コロナ禍で収入が減った女性は4割以上で、うち約6割の女性が副業等何かしらの対応策を講じたことが明らかになりました。

キャリアデザインセンターが運営するWebマガジン『Woman type』は、「お金と仕事」に関するアンケート調査の結果を発表しました。調査は5月12~14日の期間、20~39歳の女性127名を対象にインターネット上で実施。その結果、コロナ禍で収入が減った女性は4割以上で、そのうち6割近くの女性が副業や投資など何かしらの対応策を講じたことが明らかになりました。

 

コロナ禍で収入が減った女性は4割以上

 

コロナ禍での年収変化。「減った」が42.9%。
コロナ禍での年収変化。「減った」が42.9%。

 

コロナ禍での収入の変化を聞いたところ、4割以上の女性が「年収が減った」と回答しました。長引くコロナ禍での、飲食、娯楽施設、百貨店などの営業自粛や、消費者ニーズの変化などが影響し、仕事や収入に変化が生じた女性は少なくないようです。

 

コロナ禍でお金への不安が高まった人は8割以上。収入減への対応策1位は「副業」

 

「コロナ禍でのお金不安の高まり」の割合と、「コロナ禍の収入減への対策を講じた」割合
「コロナ禍でのお金不安の高まり」の割合と、「コロナ禍の収入減への対策を講じた」割合

 

コロナ禍でお金への不安が高まったかを聞いたところ、「少し高まった」41.3%、「かなり高まった」39.7%と、合わせて8割を超える結果となりました。

 

またコロナ禍で「年収が減った」と回答した人の中で、何かしらの対策を講じた人は6割近くに上りました。収入減への対策として最も多かったのは、「副業を始めた」という声で30人からの回答を得ました。

 

2番目に多かった選択肢も、「株・投資を始める」などで、本業でよりいっそう成果を出すことや昇進・昇格を目指すことより、収入源を増やし、副収入を得ようとする女性が多いことがわかりました。

 

将来のお金に不安を感じる理由ランキング、1位は「貯金がない」

 

「将来のお金に不安がある」の回答者のみ。複数選択可、単位は件数。
「将来のお金に不安がある」の回答者のみ。複数選択可、単位は件数。

 

将来を考えたときにお金に不安があるかどうかを問うと、9割以上の女性が「不安がある」と回答しました。その理由で最も多かったのは、「貯金がない」で65人以上。2番目は「収入が少ない」、3番目は「稼げる自信がない」との結果になりました。

 

それでも、転職の際に重視することの問いには、「給与(13.5%)」よりも「ワークライフバランス(23.0%)」に支持が集まる結果に。収入減への対策に「副業」を挙げる人が多かったことともつながり、やはり本業の収入を上げるよりも収入源を増やすことに焦点を当てる人が多く、本業には「副業ができるくらいのワークライフバランス」を求めたい傾向があるのかもしれません。

 

【おすすめ記事】
20~30代女性の「理想の男性上司」の条件、2位の「尊敬できる」を超えた圧倒的1位は……?
転職が決まらない理由ランキング! 転職者299人が実感した理由、2位は「年齢が高い」、1位は……?
「年収500万円台」の職業ランキング! 平均年収の441万円を上回る職業、2位は「事務・管理部門」、1位は?
30~50代既婚者の「世帯年収」や「貯蓄額」は? 500人に調査
初任給の平均貯蓄額は9.3万円! コロナ禍の新入社員「理想の働き方」は終身雇用よりも…?

 

【関連リンク】
Woman type
PR TIMES

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない