今年「路上飲み・公園飲み」をしたことが「ある」若者は7.4%……約8割が「経験はないし、今後もやらない」と回答

東京都は、緊急事態宣言下における、若者の行動や意識の実態をアンケート調査の結果により公表しました。東京都の15歳~30代の男女1300人を対象に、緊急事態宣言中のプライベートな外出や「路上飲み・公園飲み」の経験があるか、などを調査しました。

東京都は、緊急事態宣言下における、若者の行動や意識の実態をアンケート調査の結果により公表しました。東京都の15歳~30代の男女1300人を対象に、緊急事態宣言中のプライベートな外出や「路上飲み・公園飲み」の経験があるか、などを調査しました。
 

「路上飲み・公園飲み」を「よくしている」人は3.1%

「路上飲み・公園飲み」の経験がある人は10.5%

今年に入ってから「路上飲み・公園飲み」を「よくしている」と回答したのは3.1%。「やったことがある」(7.4%)と回答した人と合わせると、「路上飲み・公園飲み」を経験したことがある人は10.5%でした。83.0%の人は、「経験はないし、今後もやらない」と回答しています。
 

緊急事態宣言中、プライベートな外出の頻度は「週1回」、主な目的は「買い物」

プライベートな外出は「週1日」の回答が最多

また、緊急事態宣言中、「通学や仕事以外で、平均して週何日くらい外出をする予定か」という質問に対して、「週1日」と回答した人が27.7%と最も多く、次に多かったのは「週0日(外出予定なし)」の25.2%でした。「プライベートの外出予定なし」と回答した人も含めて、週2日以内と回答した人が約7割を占めました。

外出をする「主な目的」と「理由」

外出をする理由で最も多かったのは、「不要不急の外出に当てはまらないと思ったから」が最も多く、次いで「事前に決まっていた予定だから」「1人で外出するので、問題ないと思ったから」「感染対策を行っているので安全だと思うから」がほぼ同率で並びました。


【おすすめ記事】
新型コロナワクチンによる副反応・副作用・接種を控えるべき人
ウレタンマスクは効果なし?注意点と上手な活用法
新型コロナに効く食品?偽情報・デマに振り回されない3つのポイント
「私は我慢しているのに…」自粛していない人にイライラし夫婦喧嘩に
新型コロナワクチン接種は不安?安全性・危険性の考え方

>次ページ:東京都の若者1300人が「新型コロナウイルスに対して思うこと」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは