誕生月占い! 算命学で導き出した2021年6月の運勢は?

今年は梅雨入りのタイミングが早く、湿度が高くジメジメする日々をお過ごしかもしれません。そんな中梅雨の晴れ間があると気分もウキウキしてしまう6月。今月の運勢はどうなっているのでしょうか。算命学をベースに、誕生月ごとの2021年6月の運勢を見ていきましょう。算命学鑑定師の矢口南岳が、あなたの今月の運勢を占います。

2021年は梅雨入りのタイミングが早く、湿度が高くジメジメする日々をお過ごしかもしれません。そんな中梅雨の晴れ間があると気分もウキウキしてしまう6月。今月の運勢はどうなっているのでしょうか。算命学をベースに、誕生月ごとの2021年6月の運勢を見ていきましょう。算命学鑑定師の矢口南岳が、あなたの今月の運勢を占います。
 

算命学を基にした2021年6月の運勢

算命学で導き出した1月から12月生まれの6月の運勢はこちらです。
 

■1月生まれ 

財宝、福徳開運の神様といわれる大黒様が舞い降りる時です。自営業にはなかなかの幸運月。事業されているならばチャンスを逃さないよう常にアンテナを立てておくと吉。

ラッキーカラー:紫 

ラッキーパーソン:友人

ラッキー(方位):東方
 

■2月生まれ 

飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがある月です。この勢いに任せて何事も躊躇せず突き進め。

ラッキーカラー:赤 

ラッキーパーソン:部下 

ラッキー(方位):南方
 

■3月生まれ 

なんの前触れや予感もなく突然不安にかられることがあります。そのような時は、一時的に気を鎮めて不安が去るまでじっとしていましょう。

ラッキーカラー:グリーン 

ラッキーパーソン:母 

ラッキー(方位):東方
 

■4月生まれ 

毎日が平穏平和な日々が続きます。大きな出来事がなく刺激も少ないため、退屈さを感じるかもしれません。でも以上の贅沢は禁物。

ラッキーカラー:白 

ラッキーパーソン:配偶者

ラッキー(方位):西方
 

■5月生まれ   

夢よりも目の前の現実を重視しましょう。夢を追いすぎると現実逃避につながってしまいます。

ラッキーカラー:茶 

ラッキーパーソン:先輩 

ラッキー(方位):北方
 

■6月生まれ  

研ぎ澄まされた神経が、周囲への気配りや対応力に直結します。結果的に信頼度がアップする月。

ラッキーカラー:ネイビー 

ラッキーパーソン:幼児 

ラッキー(方位):南方
 

■7月生まれ   

さりげない行動で好感度がアップします。あまり気合を入れすぎず、自然な対応を心がけましょう。

ラッキーカラー:青

ラッキーパーソン:兄弟 

ラッキー(方位):東方
 

■8月生まれ 

勇猛果敢に仕事に取り組むと結果が出やすい月です。持続力はそれほどなくても、前進する力は他を圧倒します

ラッキーカラー:ターコイズ 

ラッキーパーソン:同僚 

ラッキー(方位):東方
 

■9月生まれ 

人の言葉だけではなく、他人の視線に翻弄されやすくなります。他の人を気にしない!と開き直って堂々と過ごしましょう。

ラッキーカラー:黄 

ラッキーパーソン:後輩 

ラッキー(方位):南方
 

■10月生まれ 

これまでの努力の成果が大きな自信とプライドになっていきます。次なるステップへの足掛かりなる月。

ラッキーカラー:ライムグリーン 

ラッキーパーソン:兄 

ラッキー(方位):東方
 

■11月生まれ    

おしゃれをして外出してみましょう。気分の盛り上がりは、すぐに運気上昇に繋がります。

ラッキーカラー:ピンク

ラッキーパーソン:子供 

ラッキー(方位):南方

■12月生まれ 

自営業、経営者には幸運月です。でも、仕事仲間への対応は極力慎重に行うことが大切。

ラッキーカラー:オレンジ 

ラッキーパーソン:男の子 

ラッキー(方位):南方
 

算命学によって導き出した6月の運勢。皆さんの運勢はいかがでしょうか。今回の占いを参考に、6月をお過ごしいただければと思います。次回は7月の運勢を占っていきます。



【おすすめ記事】
エヴァンゲリオンの碇シンジがもし実在したら、どんな人生だった?
ちびまる子ちゃんはなぜ誰に対しても平等なのか? 算命学で解明
占いの「算命学」とは? 算命学鑑定師が歴史や成り立ちを解説!
「いつ生まれたか」で人生や性格は決まる? 算命学の基礎を読み解く
誕生月占い! 算命学で導き出した2021年5月の運勢は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」