梅雨時期の洗濯事情……お悩み2位は「生乾き臭」、1位は? プロ集団「洗濯ブラザーズ」がポイントを説く!

今年は平年より早い梅雨入りを迎えました。梅雨の時期の悩みといえば、洗濯。洗濯の仕方や干し方について、梅雨の時期ならではの悩みを抱える人も多いことでしょう。リンナイは「梅雨時期の洗濯事情」を徹底調査。みんなが抱える梅雨時期のお悩みとは?

気象庁は、近畿地方、東海地方が早くも5月16日に梅雨入りしたとみられると発表しています。近畿、東海地方ともに平年より21日も早い梅雨入りを迎えました。梅雨の時期の悩みといえば、洗濯。洗濯の仕方や干し方について、梅雨の時期ならではの悩みを抱える人も多いことでしょう。

リンナイは5月17日、「梅雨時期の洗濯」の実態を探った調査結果を発表しました。同調査は全国の20~60代の男女1000名を対象に、 2021年4月10~11日の期間で、インターネットにより実施。梅雨時期の洗濯事情を徹底調査しました。
 

梅雨時の洗濯に関する悩み……1位はやっぱり「乾きにくい」

梅雨時に感じたことがある洗濯の悩み(リンナイ調べ)

「梅雨時期の洗濯の悩み」で最も多かったのは「乾きづらい」。約8割を占めました。続いて、「生乾き臭がする」も約6割と多く、他には「カビ」や「黒ずみ」「黄ばみ」など、汚れの悩みが多くランクインしました。
 

落とすのが難しい汚れ……「皮脂汚れ」「汗ジミ」「食べ物汚れ」

落とすのが難しいと感じる衣類の汚れ(リンナイ調べ)

洗濯の際、「落とすのが難しいと感じる汚れ」の1位は、衣類の襟や袖口に多い「皮脂汚れ(23.2%)」、2位はこれからの季節に多くなる「汗ジミ(18.5%)」でした。
 

衣類についた汚れを落とす方法は? 最も多かったのは「洗剤(石鹸)をつけてもみ洗い」

衣類についた汚れを落とす方法(リンナイ調べ)

実践している「衣類についた汚れを落とす方法」として、最も多かったのは「洗剤(石鹸)につけてもみ洗い」。続いて「漂白剤につけてこする」、「シミ取り剤・シミ抜き剤を塗る」が続きました。

.衣類の黄ばみを落とす際に使用するもの(リンナイ調べ)

襟や脇などのガンコな「黄ばみ」を落とす際に使用するものは、「漂白剤」が約6割で最も多く、続いて「液体洗剤」が続きました。食器洗剤やベビーパウダーなど、「黄ばみ」に対してさまざまな手段がとられているようです。

【おすすめ記事】
「洗濯機はドラム式と縦型、どっちがいい?」に家電のプロが回答!
洗濯のプロ直伝!シャツの黄ばみをリセットする方法
「天日干し」と「乾燥機」のメリットとデメリットをプロが伝授!
「炊飯器の内釜で米を洗っていい?」に家電のプロが回答
オキシクリーンで洗濯!洗濯のプロが教える「正しい」使い方

>次ページ:梅雨時期には、洗濯物の仕分けもポイント?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽