働く20代が希望する通勤時間は「15~30分」が最多! テレワーク経験で「通勤時間を短くしたい」傾向?

学情は、働く20代の「通勤」に関する考え方を調査。通勤時間は「1時間以内」を希望する20代の転職希望者は、91.3%を占めました。20代の「通勤」に関する考え方は、テレワーク経験の有無でも差が出ているよう。コロナ禍でどのように変化したのでしょうか。

学情は5月17日、働く20代の「通勤」に関するアンケート調査結果を発表しました。同調査は、20代専門の転職サイト「Re就活」を訪れた、働く20代の男女427人を対象に2021年4月30日~5月10日の期間で、インターネットにより実施。
 

働く20代の91.3%が通勤時間は「1時間以内」を希望

働く20代が希望する通勤時間で最も多かったのは「15分~30分」

働く20代が希望する通勤時間で最も多かったのは、「15分~30分」(32.1%)。次いで、「30分~45分」(26.7%)、「45分~1時間」(24.8%)が続きました。20代転職希望者の91.3%が、通勤時間は「1時間以内」を希望しています。「通勤時間は意外と体力を消耗するので、できるだけ短くしたい」「時間を有効活用したい」などの理由が挙げられました。一方、「通勤時間に勉強したいので、1時間以内までは許容できる」「通勤時間は、仕事とプライベートの気持ちを切り替える時間にもなるので、短すぎず長すぎない時間が良い」などの理由で「30分~45分」「45分~1時間」を希望する20代も1割弱いました。
 

「通勤時間を短くしたい」のはテレワーク経験者のほうが多い?

テレワークを経験したことで「通勤」への考え方が変化した?

「通勤」に関する考え方は、テレワーク経験があるかどうかによっても差が出るようです。新型コロナウイルスの影響を受けて「通勤時間を短くしたいと思うようになった」と回答した人は、テレワーク経験のある20代が32.0%。テレワークを経験していない20代は、24.1%でした。テレワークで「通勤時間」のない生活を経験したことで、「通勤」への考え方に変化が起きたのかもしれません。
 

「便利さ重視で都心に住みたい」VS「家の快適さ重視で郊外に住みたい」

「都心に住みたい」20代のテレワーク経験者は49.0%

住む場所や住環境について「プライベートを含めた便利さ重視で都心に住みたい」「どちらかと言えば、都心に住みたい」と回答した20代のテレワーク経験者は、49.0%でした。「家の快適さ重視で郊外に住みたい」「どちらかと言えば、郊外に住みたい」の回答を合わせた33.3%を15.7ポイント上回りました。

テレワークを実施し、オフィスに出社する機会が減少すると「郊外」に住むことを検討する人が多いとも言われていましたが、働く20代はテレワークを実施する場合でも「都心」に住むことを希望する人が多いようです。

【おすすめ記事】
働きたくないと思う理由の1位は「疲れる」ではなく……? 働く男女1000人にアンケート
500人に聞いた「職場のストレス」TOP10! 2位「給料が見合わない」、1位は?
「ストレスの少ない仕事ランキング」! 2位は「事務職」、1位は?
転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング!
「年収500万円台」の職業ランキング! 2位は「事務・管理部門」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは