万引きの数は9年で40%減少!? 最も検挙人数が減少している世代とは

5月8日は「万引きの日」。万引きへの犯罪意識を高めることが目的とされた「万引きの日」ですが、日本では実際、どれくらいの万引きが発生しているのでしょうか。今回は、「令和元年の刑法犯に関する統計資料」から、日本における万引きの概況を確認します。

5月8日は「万引きの日」

5月8日は「万引きの日」。防犯、監視システム機器を取り扱うセーフティ&セキュリティ株式会社が2009年に制定したもので、「ご(5)よう(8)」(御用)と読む語呂合せが由来となっています。

万引きへの犯罪意識を高めることが目的とされた「万引きの日」ですが、日本では実際、どれくらいの万引きが発生しているのでしょうか。

今回は、警察庁「令和元年の刑法犯に関する統計資料」から、日本における万引きの概況を確認します。
 

日本の「万引き」は毎年減少傾向に

日本全体では毎年、どのくらいの万引きが起きているのでしょうか。下に示しているのは、平成22年から令和元年までに発生した万引きの、認知件数、検挙件数、検挙人員、検挙率をグラフで示したものです。

このグラフから分かる通り、万引きの認知件数、検挙件数、検挙人員は年々減少傾向にあり、令和元年では1年間で、認知件数9万3812件、検挙件数6万5814件、検挙人員5万5337人、検挙率70.2%。平成22年の検挙件数の61%まで減少しています。

>>万引きの標的になる商品は?
 

・年齢別の検挙件数推移

次に検挙人員に関して、年齢別に推移を確認します。下に示しているのは、平成22年から令和元年までの、人口10万人当たりの年齢層別万引き検挙人員です。


このグラフから、平成22年から令和元年において14~19歳の検挙人員が減少していることがわかります。平成22年は389.7人、令和元年は74.7人で、9年間で8割減少している計算となります。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴